一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
「Jupiter, Neptune and Pluto」 (1597-1600)Casino Boncompagni Ludovisi, Romeカラヴァッジオの唯一の壁画である「ジュピター、ネプチューン、プルート(ユピテル・ネプトゥルヌス・プルート)」は、カシーノ・デ・ヴィラ・ボンコンパーニ・ルドヴィージにある。ボルゲーゼ美術館には数点のカラヴァジョの作品を鑑賞できる。シオピーネ・ボルゲーゼが巻き上げたからだ。

さて、「ユピテル・ネプトゥルヌス・プルート」(1597-1600)は、デル・モンテ卿のアルケミー・ルーム(錬金術部屋?)の天井にあった。実際に見たことがないので、どのような位地でみえるのかがわからない。

よく、ネットで紹介されているようにみると、こんなカンジ。天を支配するユピテルが、急降下するように描いたのだろうか。

この作品をみると、結構楽しいぞ。

三頭で尾が蛇のケルベロス三頭で尾が蛇、首のまわりにも無数の蛇が生えているケルベロスを脇に、二股の矛を持つ冥府の神プルート(ハデス 長兄)と、 海馬を抱え、三椏の矛をもつ海を支配するネプトゥルヌス(ネプチューン 次兄)とが共に描かれ、天を支配するユピテル(ゼウス、ジュピター 末弟)が、雷電を打ち鳴らす、大きな黒ワシと天体にしがみつくように描かれている。しかも、ケルベロスの頭の上には、プルートのおチンチン。おっかねぇ。


丸い水晶球を天球と見なせば、黄道帯に鯨に見えるような「うお座」など、星座の黄道十二宮が描かれている。パールの輝きというか、この白い透けがすごい。

前面には、4つの星座が描かれている。球体を3分割に見ている状態なのだとすると、地球を一周する360度の円を、30度づつの弧を持って、均等の距離に描いているのではないだろうか。地球を中心に、明るくぼんやりと描かれている円は、太陽ということになるよな。

「ユピテル・ネプトゥルヌス・プルート(ジュピター・ネプチューン・プルート)」


ユピテルは木星(ジュピター)で、いて座とうお座を支配する。ネプトゥルヌスは、海王星(ネプチューン)で、うお座。プルートは、冥王星(ハデス)で、さそり座を支配するらしい。そして、彼らの父親。生まれた子供を次々に飲み込むサトゥルヌス(クロノス)は、時を司る土星(サターン)である。サヌトウルスの祭りは12月末に7日間行われ最終日が12月25日(冬至)だ。そうすると、少し位地が悪いが、ユピテルの手のあたりに白い小さい円が、冬至点なのだろうか。

天球この障壁画がある、カシーノ・デ・ヴィラ・ボンコンパーニ・ルドヴィージは、デル・モンテ卿の別荘だったところで、デル・モンテ卿の関心のある錬金術をイメージするものや、古典神話を反映して、カラヴァッジョは、パトロンを満足させたわけだ。 ここには、ガリレオ・ガリレイ(1564-1642)の著作本か図面があるらしい。その後、ここは、ルドヴィコ・カーディナル・ルドヴィージ卿に渡る。そしてホテルなどに切り売りされ、現在に至る。

(参考サイト: Casino di Villa Lodovisi presso Porta Pinciana

僕はミケランジェロ・メリーシ・ダ・カラヴァッジョ(1571-1610)のファンでもないし、彼を特別知りたいとも思わない。ただ、この作品だけに、魅力を感じるわけだ。特有のグロテスクさもなく、迫力と動きが伝わり、解説がなくとも想像ができるからだ。だが、この人自身には、魅力を感じない。

関連記事 
カラヴァッジョ (Caravaggio) 「エジプトへの逃避途上の休息」1594-1596
カラヴァッジオ(カラヴァッジョ) 「聖ペテロと聖アンデレの召命」1603-1606
(2006-12-14 イプスウィッチ の ジャック・ザ・リッパーの2つめの記事)
| カラヴァッジョ(カラヴァッジオ) | 21:00 | trackbacks(2)
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS