一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
最初は、風神図かと思った。手にバチを持ってるが、太鼓がよくみえないだろ。それに「雷神図」ってなっているからな。(笑)

風神図が見たことがない。あるはずだと思ったら、Saiが、なにやら「サザビーズ」のカタログにあるらしいという情報を持ってきてくれた。発見したら、アップします。

さて、この雷神図は、サックラー・ギャラリーの所蔵だ。1874年の作品。Hokusai Ann Yonemura(著)の表紙でもある。
勝川春草から浮世絵を、司馬江漢から西欧画を、堤等琳からは漢画を、住吉広行に土佐派をうけて、これらをたちまち撹拌重畳していった。いや、その前に真似の天才だった。俵屋宗理となり、鍬形恵斎になって見せた。世阿弥でいうなら「物学」だ。

【松岡正剛の千夜千冊『本朝画人傳』村松梢風】からの引用だが、勝川春章の門に入ったのが1778年のこと。だが、翌年に破門だ。

この北斎は、風俗絵師からはじまり、四十代から五十代にかけて、読本挿絵、絵手本に至り、そうして七十代になって、「富獄三十六景」の傑作が誕生する。晩年になり、肉筆画を多く残す。
続きを読む >>
| 葛飾北斎 | 00:08 | trackbacks(4)
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS