一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

Venus met Amor als honingdief Lucas Cranach de oude Kröller Müller Museum

ヴィーナスとアモル ルーカス・クラナッハ(父)
ヴィーナスと蜂蜜を盗むアモル 1537以降
クレラー・ミュラー美術館


ルーカス・クラナッハのヴィーナスとアモル(ウェヌスとクピド)のシリーズはお馴染みだ。所蔵先のクレラー・ミュラー美術館には、同じタイトルで一世代下のハンス・バルドゥングの「ヴィーナスとアモル」がある。

Venus en Amor Hans Baldung Grien Kröller Müller Museum

ヴィーナスとアモル ハンス・バルドゥング・グリーン
1524 - 1525  クレラー・ミュラー美術館


ルーカス・クラナッハ(父)のほうが人間に近い描き方をしているが、ハンス・バルドゥングは、彫像のような描き方だ。

Hans Baldung Grien (1484 - 1545)


ハンス・バルドゥング・グリーン過去記事
記事 ハンス・バルドゥング・グリーン 第2弾 VS ジェームズ・クリステンセン 第3弾
記事 ハンス・バルドゥング・グリーン アダムとイヴ 寓意画編 Adam and Eva, by Baldung
記事 Hans Baldung Grien ハンス・バルドゥング・グリーン 第3弾 宗教画
記事 フライブルク大聖堂 ハンス・バルドゥンの祭壇画 High altar of Freiburg Minster by Hans Baldung Grien
記事 Memento Mori〜「Danse macabre by アンリ・カザリス」 with ハンス・バルドゥング

ルーカス・クラナッハ(父)関連記事

(C) blog.oricon.co.jp renaissanc Altar by Lucas Cranach der Altere
(C)blog.oricon.co.jp renaissanc Altar by Lucas Cranach der Altere
sai 記事 ルーカス・クラナッハ(父) 祭壇画 Altar by Lucas Cranach der Altere


(C)(C)blog.oricon.co.jp renaissanc

(C)blog.oricon.co.jp renaissanc by XAI(sai)


makiさんの記事 ルーカス・クラナッハ ユディット&サロメ
なんか、ユディトとサロメは読む側としては面白いけど、記事書く側は大変だっただろうなって思ったwa。

(C)blog.oricon.co.jp renaissanc

(C) re+naissanc by XAI(sai)


sai 記事 プラトン 「饗宴」 アプロディーテーの裏話
僕の作品画像もほしいって言うかなと迷いながら、使っちゃったから。

(C)blog.oricon.co.jp renaissanc

(C) re+naissanc by XAI(sai)


KAFKA記事 ルーカス・クラナッハ 七つの「パリスの審判」
2010年だから2年前の記事になるが、パリスの審判とはなんぞやという記事に使用していた。

やっとsaiがアップしてくれたwa。クラナッハの記事リンクはこちら
XAI クラナッハ 三位一体と死んだ男
| 美術館 | 22:15 | trackbacks(3)


ここは2階。モローの部屋なんだけど机の後ろにある鏡。つまり向かえの壁にかかった作品が写ってる。 つまりその鏡に写った作品は左右逆。

さて、鏡の左上の角にあるのが、僕が以前に紹介したボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」の模写である。KAFKAにアップしてもらった画像。やったー!

過去記事 「サンドロ・ボッティチェッリ&ギュスターヴ・モロー

これは角度によって写らない。それを写したのは至難ではないが、面倒だった。


そして次に気に入ったのがこのチェスセット。ベッドの横に置いてあった。変わったチェスセットをコレクションしているが、あるとき職場の仲間から「アリスのチェスセット」をプレゼントしてもらったが、どうよ、この大人の僕に・・・。

いいな、このチェスセットほしいな。モローの使用したチェスセット。

さて本題。いくつか撮影したなかで、結構うまくとれた部分を紹介していく。今回はテキストリンクからの画像も多くしている。


3階。左からわかるものだけ、旅する詩人、ヘラクレスとレルネのヒュドラアリアドネとテーセウス(Ariadne and Theseus)キマイラたち(3枚目のキマイラたち)。そしてタルクィニウスとルクレツィア(Tarquin and Lucretia)、ちょっと見えるのはオルフェウス(orphee)

左下から世界を照らしに行くために父アポロのもとを去るミューズたち(Apollo and Muses 1868)、テスピオスの娘たち(The Daughters of Thespius)、ヘシオドスとミューズたち(Hesiod and the Muse 1860)、メッサリーナ(Messalina 1874)。そして東方三博士の礼拝になる。このみえないところに「プロメテウス」と「神秘の花」。

Prométhée foudroyé

プロメテウス 彼の禍は記事「パンドラの箱」から
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau


Fleur mystique

神秘の花

ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau

そしてヘシオドスとミューズたち、メッサリーナの前にあるのが「エボーシュ(下絵)」、となりは、6つのスケッチのコンポジションというタイトルでいいかな。

この部屋の右側の壁がきれているけれど、下記記事からどうぞ。

記事 モロー美術館 Musée national Gustave-Moreau



Filles de Thespiu

テスピオスの娘たち(The Daughters of Thespius) 1853
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau


ヘラクレスの12の偉業ではないが、エピソードとして、テピウスが自分の50人の娘と歓待したところだ。「獅子退治」に赴いたときのこと。ついでにテピウスの娘たちのことを「ダナイデス」とよぶ。

記事 ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス ダナイデス

シャセリオーの「テピダリウム」にあわせた縦長が上下に拡大された。その縦長にあわせたデッサンが次。

モローはこの作品に長い解説を加えた。以下は喜多崎 親から引用。

「生殖への、創造力への賛歌。ヘラクレスの後ろの二本の石柱は、太陽と月とを戴き、どちらもおのずから牛頭とスフィンクスによって象徴される。この生と創造との二つの極点は共に両性が常に示されている二元性の標徴なのである。」

この作品と)、ヘシオドスとミューズたち(Hesiod and the Muse 1860)の左右にあるのが、世界を照らしに行くために父アポロのもとを去るミューズたち(Apollo and Muses 1868)とメッサリーナ(Messalina 1874)だ。

Muses quittent Apollon, leur père, pour aller éclairer le monde

世界を照らしに行くために父アポロのもとを去るミューズたち(Apollo and Muses 1868)
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau


messaline

メッサリーナ(Messalina 1874) 腕輪をしている作品もある
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau


「父アポロのもとを去るミューズたち」のうえにあるのが「旅する詩人」になる。

poete-voyageur

旅する詩人
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau


メッサリーナの上にあるのが、タルクィニウスとルクレツィア。

ルクレツィア・ボルジア(Lucrezia Borgia)の話しも有名だけど、あのもう一人のルクレツィア(ルクレティア Lucretia)のほう。そこにいる男は伝説では最後のローマ王ルキウス・タルクィニウス・スペルブス(Lucius Tarquinius Superbus)でこれから陵辱(犯す)する場面だろうか

Lucrèce et Tarquin

タルクィニウスとルクレツィア
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau


ルクレツィアは自害し、その死でタルクィニウスは反旗を翻したルキウス・ユニウス・ブルトゥスによって追放される。シェイクスピアのマクベスの台詞にもタルクィニウスの名がでてくる。

「狼の遠吠えの合図で、密やかに忍び寄り、 陵辱に向かうタルクィニウスの勇んだ足取りのごとき、亡霊のように獲物に近づいていく。」

ルクレツィアの寝所に忍び込んだタルクィニウスの場面。

magi

東方三博士の礼拝
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau





モロー美術館の4階は「人類の生」が中央に掛かっていてその左右にある入り口が二つ。そこから出入りして続きの部屋になっている。「人類の生」に向かって左側の入り口にサロメ、「出現」があり、「人類の生」の背中あわせの壁には「ジュピターとセレメ」がかかっている。反対側の入り口には縦長の「レダ(レダと白鳥)」だった。

僕の過去記事 多翼祭壇画「人類の生」
kafka ギュスターヴ・モロー

この室内の左には、またサロメ、その斜め上がヴェニス(ヴェネチア)、前方の左にはガラテアがある。

jupiter-semele-moreau-gustave

ジュピターとセメレー(ユピテルとセメレ) Jupiter et Sémélé
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau


ガラテア(記事最後)の左隣の作品が放蕩、あるいは淫乱」(Debauche)。サロメは下段の左から3番目(ヘロデ王の前で踊るサロメ )もそうで、その左がソドムの天使、右にはパルクと死の天使。サロメに関してはどちらの作品(サロメ、ヘロデ王の前で踊るサロメ 1876年)も下記記事に掲載されている。

ギュスターブ・モロー 6枚のサロメ (最近7枚になったらしい)

そしてモローの自画像。ちなみに自画像の真後ろにある作品はピエリデス(ピーエリデス The Pierides 1880-85)

autoportrait-moreau-gustave


このフランスの画家モローは、英国ラファエル前派のロセッティ同様に、自分の作品解説を残している。

落語のオチの説明、あるいは洒落やジョークの説明をされているような感じもするけれど、他人ではなく自分のために描いた作品とする強い思いがあるんだろう。

過剰な作品への愛着がわき、サロンに出品せず手元に置いた作品がかなりあるらしい。

モローの肖像画の後ろには次の作品がある。



「Automne」 ディアネイラを略奪するネッソス(ケンタウルス)
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau

parque-ange-mort

パルクと死の天使 1890
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau

hrist-deux-larrons

キリストの磔刑(Crucifixion of Jesus)
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau



Gustave Moreau  Sappho  モロー サッフォー

 
簡単に壁に掛かるものをサラッと紹介したが、正直いうと繊細さに惹かれはするけれど、あんまり面白いって感じなかった。

モロー美術館で好きなものはキマイラたちレダと白鳥。それからテスピオスの娘たち、求婚者たち。そしてアンドロメダ。それから「」とか。

サッフォーなんかはあんまり興味なし。興味はないけどこの2点だけはアップ。



サッフォー(岩の上のサッフォー)



サッフォー(海に落ちるサッフォー) モロー美術館


紀元前6世紀の女流詩人サッフォー。レズビアンといわれている彼女は、伝説のなかでの死においてはファーオーンという青年に失恋し、レウカディアの岬から身投げしたという説がある。

モロー
「我がサッフォーには、巫女、それも詩的な巫女の神々しい人格を望んだ。サッフォーの装束は優美と厳格、詩人の最も大きな資質である多様性、すなわち想像力の理念を精神のなかに呼び覚ますようにした。」

つまり神と人間の橋渡しのような存在。サッフォーの死の装束は、まさしくふさわしいと思えるような天女の姿だと思った。これだけは好きだ。


 Gustave Moreau  Anges suivant les Rois mages  モロー 東方三博士の礼拝

Anges suivant les Rois mages

東方三博士の礼拝
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau


ベツレヘムの星にむかって小さく後姿が描かれている東方三博士。空を飛ぶのは天使なのかなんなのか。


 Gustave Moreau  Naissance de Vénus モロー ヴィーナスの誕生

楓にナイショで。ギュスターヴ・モロー ヴィーナスの誕生。

Naissance de Vénus

ヴィーナスの誕生
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau


この手がさ、怪物みたいなんだ。4階の「ジュピターとセメレー(ユピテルとセメレ)」がかかる壁面に、神罰を与えられ牡牛に恋する「パシパエ(パシファエ)」があったが、その腕とそっくり。なにか手の先に怪物の頭でも描きたかったかのように曖昧。


こんな感じ。なんか手というか腕が嫌いだ。パシッと叩かれそうだ。


 Gustave Moreau Venise モロー ヴェネツィア

 

Venise

ヴェネツィア
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau


獅子に羽が生えているが、水の都ベニスを題材にしたモロー。モロー自身の解説によると、「自らの優美と栄華と沈黙の夢に従って、有翼の獅子の背中にもたれ、気高き女王は自らの過去の栄光と不滅の勝利との思い出に甘美にまどろんでいる。」

この女は共和国ヴェネツィアの擬人像らしい。有翼の獅子は聖マルコを象徴し、背後にはサン・マルコ聖堂がそびえている。

Venise

ヴェネツィア
ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau) Musée national Gustave-Moreau


写真の一番うえ(サロメのななめ上)にかかる「ヴェネツィア」。楓はこのヴェネツィアをたいそう気に入って、何枚か掲載しているので、どうぞ眺めてやってください。

さてこの有翼の獅子、その聖マルコ。828年以降ヴェネツィアのシンボルとなるが、聖テオドーロが守護聖人だったはずが聖マルコになった。遺体を盗んだとか買い取っただとかあるけれど、そういうわけで四人の福音史家の一人を守護聖人とすることで、格づけしたかったんだろう、国家のね。


 モローが好きかって?

わかりません。

さっき書いたとおり「モロー美術館で好きなものはキマイラたちレダと白鳥。それからテスピオスの娘たち、求婚者たち。そしてアンドロメダ。それから「」とか。」

まぁ、みんなの記事見てきて、おっ!と思ったものといったら



自分の記事 テスピオスの娘たち



フォッグ美術館の キマイラ




アンドロメダ




求婚者たち




レダと白鳥




あとは人類の生、サッフォー(海に落ちるサッフォー)かな。好きというより印象に残ったもの、そんな感じ。


| 美術館 | 17:10 | trackbacks(2)

ブラジルは丑年ではなくフランス年

日本もイタリア年なんてあったなぁ。今年もあるらしいなぁ。さて、ブラジルのフランス年に話をもどすと、サンローランのエキシビジョンもやっているらしい。


Photo:Mauricio Lima/AFP


(C) AFP PHOTO by Mauricio Lima

A visitor looks at French artist Pierre-Auguste Renoir (1841-1919) painting "Countess of Pourtales Portrait" (left), near "Bather with Griffon" (R detail), during a retrospective exhibition "Art in France-1860 to 1960: The Realism", as part of the 'Year of France in Brazil' celebrations, at Sao Paulo's Museum of Art (MASP), on June 25.  AFP

こちらはサンパウロ美術館(MASP)で、「ブラジルのフランス年」を開催中。
手前がルノワールの「浴女とグリフォンテリア」(1870)。奥が「ポーテイルズ伯爵夫人」だ。

ほかには!

A visitor takes a rest in front of paintings by French artists Edouard Manet (1832-1883) (two, L) and Gustave Coubert (1819-1877) (three, R), during a retrospective exhibition 'Art in France-1860 to 1960: The Realism', as part of the 'Year of France in Brazil' celebrations, at Sao Paulo's Museum of Art (MASP), in Sao Paulo, Brazil, on June 25, 2009  AFP

マネが左2点、クールベが右3点に並んだ写真をみて予測。

マネはPortrait of Marie Lafebure on Horseback(1870)、となりにGilbert Marcellin Desboutinのポートレート。その隣、ちょうど中央にクールベの作品となる。その作品がPortrait de Zélie Coubert(1847)。このとなりが曖昧なんだ。写真じゃよくわからない、老眼でさ。たぶんJuliette Courbetの肖像画だと思う。いちばん端っこがわかんない。クールベの3番目。わかったら更新。

さて、マネときたらモネ


1887年のモネの作品「エプト川の舟遊び」

Visitors look at French artist Claude Monet (1840-1926) 'Boating On The River Epte' during a retrospective exhibition 'Art in France-1860 to 1960: The Realism', as part of celebrations of 'Year of France in Brazil', held at Sao Paulo's Museum of Art (MASP), in Sao Paulo, Brazil, on June 25, 2009. AFP

さて次。
みんなが元気だった頃(笑)、Henri Fantin-Latourはずいぶん記事書いた。
そのアンリ・ファンタン=ラトゥール。


この作品は、「The Dubourg Family 」(1878)でオルセー美術館に所蔵されているもの。ブラジルのフランス年にここまでやってきたか。

アンリ・ファンタン=ラトゥールの記事

薔薇

すみれ

アンリ・ファンタン・ラトゥール

ピアノを囲んで

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭2007 〜ピアノを囲んで

まだまだあるけど、これで最後にするさ。

Visitors enjoy paintings by Dutch artist Vincent Van Gogh (1853-1890), during a retrospective exhibition 'Art in France-1860 to 1960: The Realism', as part of the 'Year of France in Brazil' celebrations, at Sao Paulo's Museum of Art (MASP), in Sao Paulo, Brazil, on June 25, 2009. AFP
アルルの女 ジヌー夫人(1890)やっぱり最後はこれでしょ。

ゴッホの記事はこちらから

ゴッホの三幅対の原則 ここからトラックバックで好きな記事に行ってくれ。
もうひとつ クリスティズ アルルの女 マダム・ジヌー

A visitor looks at French artist Rosa Bonheur (1822-1899) painting 'Plowing in Nevers' during a retrospective exhibition 'Art in France-1860 to 1960: The Realism', as part of the 'Year of France in Brazil' celebrations, at Sao Paulo's Museum of Art (MASP), in Sao Paulo, Brazil, on June 25, 2009. AFP
おまけはローザ・ボヌール。「Plowing in Nevers」は「牛」だ!
| 美術館 | 22:48 | trackbacks(1)
Melbourne's Nationa Gallery of Victoria 「Osamu Tezuka: The Marvel of Manga」MINI Marvels From Borla

「手塚治虫展覧会」ミニ マーヴルズ by MINI

【CAR NEWS】2006.oct 31  http://www.drive.com.au
「ピカソ展」のあとは、手塚プロダクション協力のもと、手塚治虫氏のマンガ・アニメ作品を広く紹介している。原画展示のほかレクチャーやマンガ・アニメ・ワークショップなどが開かれるが、写真は、ヴィクトリア国立美術館の外に展示される手塚アニメの車「ミニ」。2台のカブリオと1台のハードトップが、移動カンバスのつもり?

「手塚治虫展覧会」の館内の展示室の様子、つぎの開催地シドニーでのニュー・サウス・ウェールズ州立美術館の情報はこちら

手塚治虫展覧会「Tezuka: The Marvel of Manga」
日時:11月3日〜2007年1月28日10AM〜5PM、火・クリスマス休
場所:ビクトリア国立ギャラリー・インターナショナル
(NGV International, 180 St Kilda Rd., Melbourne VIC)
Tel: (03) 8620-2222  Web: www.ngv.vic.gov.au  Email:enquiries@ngv.vic.gov.au
| 美術館 | 16:45 | trackbacks(0)
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS