<< ミシアに捧げたマラルメの扇の4行詩 ココ・シャネルの秘密から | main | ひまわりとルーラン夫人(子守女)と郵便配達夫ジョセフ・ルーラン >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -



水差しを持つ女(悲しみ) 習作? 1903年
テオドル・アクセントヴィチ


この人は19世紀末のポーランドの画家。商業ポスターもあるようだ。
あんまり詳しくないんだけどたまたま友人の知人がこの人の作品を知っていてみせてもらったわけ。



水差しを持つ女(悲しみ)  1903年
テオドル・アクセントヴィチ


宗教画、商業ポスター、肖像画、風俗画などもある。
この「水差しを持つ女」って、きっとポーランドの文学や歌劇なんかの1場面じゃないかと想像中。

関連記事
テオドル・アクセントヴィチ 「春」
テオドル・アクセントヴィチ 「キリスト」
テオドル・アクセントヴィチ  「Rudowłosa」
| Teodor Axentowicz | 09:40 | trackbacks(1)
| - | 09:40 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
remove キャリアの行方 ステファネル より お母様の介護のため、長期の出張
| Stylish-Club | 2007/05/08 1:01 AM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS