<< クリムト 「タオミナールの劇場」の自画像 | main | 画廊画 ウフィツィ美術館の特別展示室 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

クリムトっぽいエゴン・シーレ。
これは「チェック模様の布をまとい、立っている少女」

シーレの1908−09の作品で、クリムトと出会ってから1〜2年後のものだ。これはクリムトへのオマージュともいわれている。平面的、装飾的様式。

シーレとクリムトは、カフェ・ムゼウムで知り合った。この頃シーレは17歳だから、この作品のころはまだ20歳にも満たない。

とにかく極貧だったらしい。母親、後見人の叔父の反対を押し切っての芸術家の道。

シーレ自身、友人でもあり支持者でもあるレスラーに、当時の自分の身なりを手紙で語っている。ぶかぶかで擦り切れている上着に、ぱっくり開いた小船のような靴。リンネルのぼろきれのような下着。

そういう極貧が作品に投影されいてるのか?

自画像や写真からはかっこよいシーレも、そういう時期には5クローネを1週間で使い果たし、あとは何もない。



1910年、ウィーン工房の絵葉書。シーレの姉妹のゲルトルーテ(左、中央)、メラニー(右)がモデル。


左は「花の咲いた草原にいる後光のある子供(Boy with halo at a flower meadow)」(1909)、右が「後光のある二人の男(Two men with halo)」で、この作品はクリムトとの師弟関係をあらわしている。子供のほうは、ウィーン工房の絵葉書の下絵。墨のぼかしが効果的。


Black Girl 




Seated female nude with spreaded right arm

「右腕を伸ばし座っている裸像」(1910)のころから、ユーゲントシュティール様式を脱却しはじめ、角ばった線の独自の表現主義様式をはじめる。








本当は日付のとおりの順にしたかったが、諸事情のため。この上6枚、下3枚の計9枚は、1912年に、若き恋人でモデルのヴァリーの未成年者誘拐容疑、子供のモデル使用、カトリックに対する冒涜などで、シーレは2週間の勾留と3日間の禁固刑で拘留され、そのときに素描したもの。まさにウィーン世紀末的運命だ。











上6枚左から
「開かれるべき扉!」(1912年4月21日)
Door into Freedom
「芸術家の活動を妨げるのは犯罪だ。それは芽生え始めた生命を奪うことだ!」(4月22日)
Hindering the artist is a crime - It is murdering life in the bud
「2枚の私のハンカチ」(4月21日)
Two of my handkerchieves

「私は芸術と愛する人たちのために喜んで耐えてみせよう!」(4月25日)
Ich werde für die Kunst und für meine Geliebte gerne ausharren
「裁かれているのではなく、清められているように感じる」(4月20日)
I feel, I am purged, not punished
「囚人!」(4月25日)
Prisoner

下3枚
完成したのはこうした言葉を書き添えた12枚ほどの素描と水彩画。
「1個のオレンジが唯一の光だった。」(1912年4月19日)
The one orange was the olny light
「椅子と水差しの有機的な動き」(4月21日)
Organic movement of a chair and a mug
「現代芸術とは存在しない、芸術は不朽だ。」(4月22日)
Art cannot be modern - Art is eternal

さて、僕の好きなシーレは数少ない。それは何かというと!
Nacked boy lying on a patterned blankett(模様のあるブランケットのうえに横たわる裸の少年)
| アート | 07:34 | trackbacks(5)
| - | 07:34 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
エゴン・シーレの油彩画「枢機卿と尼僧(愛撫)Cardinal and nun」(1912年)は、クリムト「接吻」のパロディといわれている。仮面剥奪のパロディ的表現という。人間性をアレゴリー的なイメージで表すことと並んで、シーレの作品は人間の仮面を剥がすことを目的にした。
| RE+nessance | 2009/07/22 5:37 PM |
エゴン・シーレ 磔刑 (Crucifixion) 1907年頃 エゴン・シーレのスキャンダルには、宗教、聖職者の冒涜なんてものがあった。1912年にもろもろの理由で逮捕されている。その勾留されたときに、意味深長な言葉を書き添えた水彩画などを12点描いている。油彩画「枢機
| ComicStrip | 2009/07/23 11:17 PM |
預言者(二重の自画像) 楓さんの記事 を読んだら、風水的によくなさそうとあるような作品をあえてアップしてみました。 Ryoさんの「エゴン・シーレ 磔刑」に、シーレは二役を演じているというような内容に、次に紹介する作品を思い出したのはいいのです
| art⇔Interactive⇔life | 2009/07/24 3:09 AM |
Egon Schiele  Holy family 「聖家族」(1914) この絵はみればわかる!シーレと妻としなかったヴァリー。エディトと結婚する3年前の作品。 シーレはこの作品でも二役演じている。シーレは聖ヨセフ、そしてヴァリーは聖母マリア。原罪のない妊娠。 Ryoの記事
| Magnum Photos Photographer | 2009/07/25 1:30 AM |
「縁飾りのついた毛布の上にいる二人の少女」(1911年)も、赤い部分がエロティックに仕上げられている作品。エゴン・シーレには死産を別に、二人の姉、早世したアルヴィラと作品のモデルにもなったメラニー、そしてもっとも登場しているのがシーレの妹ゲルティー(ゲル
| Noblesse Oblige | 2009/07/28 2:28 AM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS