<< Sandro Botticelli サンドロ・ボッティチェッリ 東方三博士の礼拝 | main | リチャード・ハミルトン  ラス・メニーナス >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
過去記事でルイ14世の「スペイン継承戦争 フェリペ5世への箴言」で、妃マリー・テレーズの持参金云々で、義理の妹にあたるマルガリータ王女の「ラス・メニーナス」を紹介した。登場人物はこちら。

過去記事「スペイン敬称戦争 フェリペ5世への箴言

今回は、この作品に描かれているルーベンスを紹介しようと思う。



ラス・メニーナス ベラスケス


右側がよくわからないが、これではないかというHPを発見。みたところそう言われればそんなふうに見えると思っていたが、2枚の寓意が同じであるために、これじゃないかと僕も思ったわけ。



オウィディウスの変身物語 ルーベンス


変身物語の「アポローンとマルシュアス(マルシアス)」の場面だ。自分の技におごってアポロン神に音楽の技くらべを挑み、アポロン神に負けてしまう。まるでアポロンに扮したルイ14世の肖像画のとおりにフランスに主導権を握られるスペイン。

左の作品と同じで、アラクネー(アラクネ)もおなじ腕比べで負けてしまう。優れた織り手と女神パラス(アテーナー、パラス・アテナ)の勝負で、おごったアラケネーが負ける。

Pallas and Arachne

パラス(アテーナー)とアラクネ 1636-37
ピーテル・パウル・ルーベンス(Peter Paul Rubens)


ベラスケスのLas Meninas(ラス・メニーナス 1656-57年)に描かれているというルーベンスの作品。



 The Fable of Arachne
ディエゴ・ベラスケス(Diego Velazquez)


これが皆さん御存知のベラスケス(1599-1660)の描いた「アラクネの寓話(織女たち)」だ。この絵の解釈は別にして、僕はルーベンスに倣って描いたものだと思っていた。

それがティツィアーノ(1490-1576)の「エウローパの略奪」(1559-62)へのオマージュだったんだってね。

まずこのアラクネとやらが神話のなかで競って織ったものまたは最初に織ったものが、ゼウスのエウローパの略奪だったらしい。



The Rape of Europa, 1559–62
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(Tiziano Vecellio)


かつてルーベンス(1577-1640)がスペインに滞在したときに模写した1枚だ。

1540年代にはカール5世、そして世界最大の権力者となったスペイン国王フェリペ2世と寵愛された画家ティツィアーノ。そのフェリペ2世の孫にあたるフェリペ4世に仕えたベラスケスが、ティツィアーノを神に匹敵する画家として描いたのかもしれない。

追記
記事 Baroque 歪んだ真珠 青い血のスペイン・ハプスブルグ家
この記事からはフェリペ四世とベラスケス、その娘婿などの作品からフェリペ四世一家が記事になっている。
| Las Meninas ラス・メニーナス | 17:14 | trackbacks(0)
| - | 17:14 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS