<< 八十翁 柴田是真の七福神 | main | 水差しを持つ女 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

ミシアに捧げたマラルメの扇の4行詩 ココ・シャネルの秘密から

ミシアが言うには、だ。
「どうして人がくれたものを全部とっておかなければならないの?」

彼女が取っておかなかったもの。失くしたもの。
もったいないな、マラルメの4行詩のことなんだよ。

正月と言っていいものか。まぁ新年だ。ミシアが住んでいたヴァルヴァン・シュル・ラ・セーヌの家に、フォアグラと扇に書き付けた4行詩。

はその翼をひろげ、はばたけよ しかつて、嵐と喜びの折に
ミジアがそれをピアノにて まえに知らせてくれたならば。



マラルメの肖像画 by ポール・ゴーギャン
なぜか大鴉が・・・


ミジアとはミシア・セール(Misia Sert)のことだ。ジャン・コクトーが「何ひとつ月並みのものがない女性」と賞賛したフランス社交界の華だったミシア。

ミシアのことはまたあとにするが、その扇を僕はみた。

Aile que du papier repolie
Bats toute si t'initia
Naguère à l'orage et la joie
De son piano Misia". ここだけでびっくりしたwa!

僕はね、フランス語全然だめ、イタリア語よりマシだけど。あの詩の邦訳を知らなかったら、まったくそのミシアの扇と気が付かなかっただろうよ。

ミシア、ピアノこの単語だけで閃いたわけ。



タデ・ナタンソン夫人ミシア(Misia Natanson)へとなっている。

ミシア・セールは15で「ルヴェ.ブランシュ」紙の創設者タデ・ナタンソンと結婚。そのため作家、画家、音楽家が出入りするサロンを主催していたわけだ。

でもね、楓から聞いたマルセル・ヘードリッヒの「ココ・シャネルの秘密」には、「失くした」とあったからってね。

で、この扇はティエリー・ボダン(Thierry Bodin)が所有している。ジャポニズムの扇に4行詩だ。

世紀の変わり目を生きたナビ派や印象派たちだが、マルメラをはじめミシアを美神と崇めたのは、パトロンだっただけではなく、作品を理解してくれたからに違いない。

そこがあのフランスのサロンの歴史のなかで、ポンパドゥール夫人と違うところである。ポンパドゥール夫人はその芸術や学術を擁護することで、自分の地位と名誉を叶えていく。



ナタンソン夫妻
エドゥアール・ヴュイヤール(Edouard Vuillard)


ミシアは、はじめは誰もが耳をふさぐ音楽や、誰でも退屈しそうな文学や、これまで誰も買うことがなかった画家の作品を紹介し、彼らに地位と名誉を授け、評判を稼いでいった。

女は不思議だ。

プルースト曰く
「そのあとで彼らがなお仲が悪くなるように」
と集めていたという。

フィリップ・ベルトロー曰く
「ほら猫(ミシア)がやってきた。小鳥がいたら隠しなさい」
と言っていた。

さて、マラルメ(1842-1898)がミシア(1872-1950)に贈った4行詩だが、19世紀の話である。

1873年ごろ、画家のマネと知り合い、1874年にポーの「大鴉'Le Corbeau'」の散文訳を手がけた。


Le corbeau (ex-libris)

フランス語訳のマラルメのマネのほか、
イギリスのテニエル、ギュスターヴ・ドレの挿画もある。


この頃はミシアは、まだナタンソン夫人だ。マラルメが亡くなったあと、ナタンソンの破産でアルフレッド ・チャールズ・エドワーズが「ミシア」と「援助」の交換条件を申し出た・・・らしい。

1903年にはミシアはエドワーズの妻だ。ルノワールはナタンソン夫人から肖像画を書いていたはずだがこの年以降に書いた肖像画のエドワーズ夫人(Misia Edwards)となっている。

このミシアとココ・シャネル(1883-1971)は猫と小鳥だったのだろうか。この二人が出会ったのは、ミシアがエドワーズ夫人の頃だろう。

20代半ばではじめて教養を身につけたシャネル。ミシアの社交でのことだ。

社交界での言葉、振る舞い、マナー、そして音楽や絵画にバレエをシャネルは与えてもらったわけだ。

1919年、ボゥイ・カペルが事故で亡くなった。身分にふさわしい結婚をしたカペルの死にシャネルは悲しんだ。その不幸をミシアは慰める。



これがミシアだとしたら一番美人だ
黒柳徹子さんのヘアスタイルはいつから?


そのときのミシアは女友達の不幸から何をみつけたんだろうな。
1920年、ミシアの二度目の夫エドワーズは亡くなった。

シャネルがミシアに内緒でニジンスキーが所属していた「バレエ・リュス」のセルゲイ・ディアギレフへの援助だ。彼は破産状態だった。

ミシアにはもうお金がなかった。ディアギレフはミシアの親しい友人だ。

そのディアギレフにシャネルはこっそり援助をした。ミシアの嫉妬を回避するためにこっそりとね。だが、これはミシアへの裏切りでもあるわけだ。

それから20年以上の時を経たある日。
ディアギレフはシャネルに友情を感じていたか。いや恐れを感じていたという打ち明け話を聞かされる。



ロートレックのミシア、この帽子は
他の作品に、後ろ向きで帽子のみ
描かれ、当時の彼女を象徴する。


セルジュ・リファール(ロシア出身のフランスの舞踏家)からそれを聞かされたココ・シャネル。

ミシアと違って、ミシアから援助を頼まれたストラヴィンスキーもディアギレフ同様に友情は育たなかった。・・・らしい。条件なしでお金を援助していたからだ。恐れではなく遠慮だろ、きっと。

さてこの芸術家たちの女神はシャネルではなく、ミシア。モードの先端、斬新なインテリアで巷をあっと言わせたらしい。最初の夫タデ・ナタンソンとその兄弟が出資した「Revue Blanche(ルヴュ・ブランシュ)」のおかげだと思うよ。

掲載画や寄稿者たちなんかは19世紀の作家、画家、音楽家でさ。ミシアのサロンにひっきりなしに通っていたんだからね。この文芸雑誌でミシアをモデルにした表紙から流行を発信したんだね。

シャネル曰く
「アフリカの木彫りの像の隣に、ヴェネチアングラスの花瓶があって日本の漆塗りのお盆が飾ってある。ごちゃごちゃしていて、汚くて、ミシアらしかった」



ポール・ラモン曰く
「天才を身のまわりに集め、そして彼らはみんな彼女に恋していた。ヴュイヤール、ボナール、ルノワール、ストラヴィンスキー、ピカソ・・・・。彼女はばら色の水晶でできたハートと中国の明朝の木の蒐集家でもあった。突飛なことを思いついては、それがモードとなり、まわりのものに受け入れられ、室内装飾化によって活かされ、新聞記者によって繰り返され、頭の空っぽな社交界の女たちによって真似された。モダン・バロックの女王のミシアは、いろいろと変わったものや螺鈿などをあしらった家の中で暮らしていた。」

そして、すねた狡猾なミシア
シャネルもポール・ラモンもプルーストもフィリップ・ベルトローも知っていた。不実については天才的で、残酷なことには洗練されているミシアだそうだ。

ものすごい美人だったらしいが、美人だった写真や絵画が見当たんないなぁ。

5歳のときにリストの膝でピアノを弾き、最初の夫との結婚でピアニストの道よりもサロンの女主人を選択したんだろうよ、このミシアは。

マラルメが出会った頃のミシアは、彼の「LA DERNIÈRE MODE(最新流行)」に貢献したのだろうか。



マラルメ「最新流行」1874年


1874年に発行されている。世間は百貨店とオートクチュールの時代だ。これまでは宮廷や貴族を例外にすると一般社会は男性中心のモードだったらしいが、この時代には女性を対象にしたモードが盛んになった。

逆にバレエでは女性が中心だったが、男性が主役になるのもこの時代で、とくにニジンスキーが有名だ。

19世紀は消費文化がベル・エポック(Belle Époque)を象徴し、イ14世時代からのモリエールを継ぐコメディ・フランセーズでの舞台芸術や、ォルテールィドロらが文芸サロンからカフェで科全書を検討したように、カフェやキャバレーに著名人たちが集まる。

何が一番変わったのかというと、モードと大衆だ。

詩人マラルメや画家マネは、そうした風俗へのジャーナリスト的なものを発信しようとしたのだろうか。結局「最新流行」は続かなかった。

そのあとにナタンソン夫人ミシアと出会う。


頭が痛いから詩の朗読をやめてというミシアに、、マラルメは立ち上がり出て行く。怒ったのかと思えばアスピリンを手に戻ってくる。

1900年以前に、フランスからナポレオン3世もウジェニー皇后も消えてしまった。宮廷おかかえのデザイナー ワース・エ・ホベルクのシャルル・フレデリック・ウォルトも。他国ではオーストリア皇后であり、ハンガリ王妃であったリザベート皇后もだ。

ヨーロッパはもはやモードの商人に辻君(公妾)や王妃たちが国庫を濫費する時代ではなくなった。同時に宮廷に仕え、宮廷の庇護を受ける芸術家たちがいなくなったということだ。

当時の様子は過去記事エミール・ゾラから

さて、意外なところからミシアのコレクションを知ることができた。



Tony Duquette


一応、室内装飾家ってことで。トニー・デュケットが1980年代にミシア・セール(3度目の結婚)の収集したもので装飾した部屋だ。シルクのクッションなどはジム・トンプソン。

対になったヴェネチアンのイルカ。フランスの女性はイルカ好きが多いね。たしかンパドゥール夫人(この記事に掲載されている)もイルカの対の香炉を装飾品で所有していた。

執事とお手伝いとコックが雇えたらこんな部屋でもかまわない。

さて、ミシアの今度の結婚相手はスペインの画家、ホセ・マリア・セール(Jose Maria Sert)だ。ディアギレフの友人で、ストラヴィンスキー作曲の「女のわるだくみ」で、バレエ・リュスの美術、衣装を担当した。

彼は当時すでに有名だった。巨大な壁画。その壁画はいまでも見ることができる。(パレ・デ・ナシオン、ロックフェラー・センタにある。)風俗画のセムは、「いつか尻つぼみになる」と言っていたが、いま日本でどれだけ彼のことを知っているか。ダリは誰でも知っているが、セールのことはほとんど知らないよな。

ミシアがリストの膝でピアノを弾いた時からナタンソン夫人、エドワーズ夫人、セール夫人にいたるまでのフランスの芸術家たち。

アンリ・ファンタン・ラトゥール
この記事は僕の記事にもリンクしてくれている。集団肖像画から、文壇、楽壇、画壇の交流を知ることができる。

ルノワール 画家のアトリエと肖像画 エドモンド・メートル
この記事も僕の記事にもリンクしてくれている。ミシアを描き続けたルノワールだ。ルノワールを通しての交流も知ることができる。

サン=サーンス ピアノを囲んで
アンリ・ファンタン=ラトゥールにつながる記事だ。

ディロン・ルドン

| BOOK | 20:46 | trackbacks(0)
| - | 20:46 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS