<< ドゥニ・ディドロ 百科全書の時代 | main | ジョヴァンニ・バッティスタ・グァリーニ 忠実な羊飼い >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -



ドゥニ・ディドロの記事
記事「ドゥニ・ディドロ 百科全書の時代
記事 「ブーガンヴィル航海記補遺 その3
記事 「 ブーガンヴィル航海記補遺 by ディドロ
記事 「第3章 司祭とオルーの会話/第4章 司祭とオルーの会話の続き

1756年の後半、百科全書から少しの間解放されたディドロ。

以前の記事で書いたが、放蕩時代は演劇狂いで、俳優になることも考えたという・・・。

そのディドロは休暇を利用して戯曲や散文を書いたらしい。だが戯曲は大失敗。ただ新しい演劇改革の理念を述べた「私生児(ディドロの書いた戯曲)にかんする対談」は意味があるものだと言われている。

要は、演劇と現実の市民社会と適合させること、ということだ。

ォルテールは、物事に関して曰く「物事は真実か虚偽であり、その中間は存在しない。」として、ディドロは人間に関して曰く「人間は、けっして純粋の善玉うあ悪玉はありえない。この中間のニュアンスをとらえねばならない。」としている。



前記事の別ヴァージョン ヴォルテールとディドロたち
手を上げているのがディドロ、ヴォルテールは・・・


このディドロの演劇の融合には、当時の社会の身分制度がある。

ディドロは、おおまかに(あるいは翻訳が割愛したかもしれないが)「文筆家、哲学者、商人、判事、弁護士、政治家、市民、司法者、収税官、大貴族、知事」などをあげた。

うーん、当時の人口の90%以上の農民はないぞ。聖職者はどこに。

結局、ディドロたちは第3身分はブルジョワや知識層を対象にしているわけだ。当時の農民は字もよめないし、極貧で観劇もできないからさ。

さすがに哲学の時代といわれたように、文筆家、哲学者を身分制度にあげている。医者より身分が高かったからね。

さて身分制度のほかに、家族制度もあげている。「一家の父、夫、妹、兄弟」だ。

妻やキレイなお姉さまは?

この家族もそのものと描かなければならないと述べた。

さて、ディドロはさっそく「一家の父」を書き上げた。「私生児」同様な欠点があるという。

おおげさなセリフ、おおげさな身振り、感傷的で不自然だという。



ディドロとエカチェリーナ2世(エカテリーナ2世)


まぁ、エカチェリーナ2世との交流でも、ディドロのおおげさな身振りに、かの女帝は間にテーブルを置いたという。なんせ身振り手振りで膝にあざが出来るほど叩かれるらしい。

この身振りや動作を主張した「動作論」、演劇論の「俳優に関する逆説」で、”俳優は、人物の身振り動作を、論理的、分析的に研究し、それらが機械的に演じられるようの練習しなければならない。けっして自分の感動に頼ってはならない。」

おい、あなた自身の戯曲の上演もそうでしょ!テクストのみの哲学者か?(笑)

さらに”演技は感性ではなく知性”だという。例証として、イギリスの俳優ギャリック、フランスの女優クレロンの名をあげる。

名優ディヴィッド・ギャリック(1717-1779)は、西洋絵画にも多く登場するシェイクスピア劇が中心だった。

ラ・クレロン(La Clairon 1723-1803)は、コメディ・フランセーズ。イギリスの詩人オリヴァー・ゴールドスミスは、「完璧な演技」と最高に称えている。

さて、ディドロよ、ないのか傑作は!
あったらしい。それも「ただひとつ」と念押しされている。

四幕の散文劇「この男、親切なのやら、意地悪なのやら」



Est-il bon? Est-il méchant?
この男、親切なのやら、意地悪なのやら



いいね、この邦題。
いる、いる、こういう奴って。観たいよ。

なんとこの主人公はディドロの性格と投影しているらしい。

この主人公は、この親切が故にまきこまれていく事件を描いているらしい。僕、知らないんだよ。この作品。

本人がまきこまれるらしいが、親切がゆえにまきこまれていく事件は、たいてい・・・、周囲がまきこまれるんじゃないか?

親切・・・、これは「おせっかい」じゃないだろうか。

「親切なのやら、意地悪なのやら、おせっかいなのやら」ってさ。

これが、いきいきした登場人物、自然な会話、独創的な筋をつくることに成功したとあった。そうだろうよ。どこにでもいる人間で、困った奴で、空気のよめない奴で、ってのといっしょだよな。まさに現実の市民社会にいる人間。

だが、この傑作がずいぶんと無視されてきたらしい。前作がひどかったからか。もしかして、前作はシェークスピアを超えようと、大げさにしたのかもしれないぞ。

あのコメディー・フランセーズで上演されたのは、20世紀になってからである。いっちゃったね。世紀を超えたよ。1955年だから、本日の訪問者のなかに、この年に誕生していらっしゃる方もいるのでは。
| ドゥニ・ディドロ | 00:01 | trackbacks(1)
| - | 00:01 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
1765年のドゥニ・ディドロ。娘マリ=アンジェリクの結婚持参金に百科全書の報酬はちっとも助けにはなりません。そこで蔵書を売却することを思いつきます。交渉はうまくいかない。ドゥニ・ディドロの記事記事「ドゥニ・ディドロ ディドロと演劇」記事「ドゥニ・ディドロ
| Life Style Concierge | 2009/12/16 12:02 AM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS