<< Edward Burne-Jones 三連画 受胎告知 リヴァプール、マージーサイド国立美術館(ウォーカー・アート・ギャラリー) | main | レヴィ=デュルメル  絵画の文学 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

John William Waterhouse - The Annunciation(1914), private collection

「受胎告知」 (1914),個人所蔵  ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
John William Waterhouse


ギリシャ風の庭園をイメージしたというジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの「受胎告知」は、油彩で他にバージョンはなさそうだ。

19世紀の受胎告知もルカの福音書によるマリアの「受胎告知」の場面が多い。ジェームズ・ティソはマタイの福音書による「キリストの生涯」で、ヨセフの「受胎告知」を描いた。

記事 ジェームズ・ティソ 受胎告知 (マタイ編 ヨセフの受胎告知)

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスは、ご覧のとおりに「ルカの福音書」のマリアの受胎告知を描いている。

よく聖書の「受胎告知」の場面をそのとおりに描いていると言われているが、何もルカの福音書に「マリアは祈祷書(イザヤ書)を読んでいた。」などとは書いていない。

12世紀頃から「受胎告知」のイコンがあり、はじめは天幕を織るために赤い糸、あるいは糸巻き棒を手にしていた。

追記 記事 12世紀の受胎告知

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスは、14世紀頃から多くなる「祈祷書(イザヤ書)」を手には持たせずに、祈祷書台を右側に描いている。そして赤い糸巻き棒ではなく、白い糸巻き。

「受胎告知」のイコンにあるマリアのアトリビュートを、画家たちはそれぞれにこの物語のイメージを描いている。

いつの間にか神の使いの忽も描かれなくなり、百合の花だけは描かれる。

■ルカ福音書 1章26節−38節 マリアの受胎告知

26: その六か月目に、御使いガブリエルが、神から遣わされてガリラヤのナザレという町のひとりの処女のところに来た。

27: この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリアといった。

28: 御使いは、入って来ると、マリアに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられる。」

29: しかし、マリアは戸惑い、これはいったい何の挨拶かと考え込んだ。

30: すると御使いが言った。「恐れることはない。マリア、あなたは神から恵みを受けたのだ。」

31: 「ご覧なさい。あなたは身ごもり、男子を産む。その名をイエスとつけなさい。」

32: 「その子は偉大な者となり、いと高き方の子と呼ばれる。また、神である主はその子にその父ダビデの王位をお与えになる。」

33:「彼は常しえにヤコブの家を治め、その国は終わることがない。」

34: そこで、マリアは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」

35: 御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたを包む。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれる。」

36:「ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿した。不妊の女といわれていたが、今はもう六か月になる。」

37:「神にとって不可能なことは何一つない。」

38: マリアは言った。「私は主のはしためです。どうぞ、お言葉どおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。

14世紀の受胎告知
記事 14世紀の受胎告知 シモーネ・マルティーニたち

15世紀の受胎告知
記事 ヘラルト・ダヴィット   受胎告知
記事 ベノッツォ・ゴッツォリの「受胎告知」
記事 サンドロ・ボッティチェッリ 受胎告知
記事 フラ・アンジェリコ 6枚の受胎告知(Annunciation)
記事 セバスティアーノ・マイナルディ (サン・ジミニャーノの 参事会教会)
記事 ドナテッロ 受胎告知(サンタ・クローチェ教会)
記事 レオナルド・ダ・ヴィンチの「救世主」誕生の「受胎告知」

16世紀の受胎告知
記事 ルーベンス 受胎告知

17世紀の受胎告知
あー、記事書いてないね。

18世紀の受胎告知
あー、これも記事ないね。
楓記事から 聖母の読書 受胎告知

19世紀の受胎告知
記事 アーサー・ヒューズの受胎告知
記事 モーリス・ドニ 3枚の受胎告知+1
記事 モーリス・ドニ フィエーゾレの受胎告知
記事 モーリス・ドニ(Maurice Denis) 受胎告知(聖ニケーズ教会)
記事 エドワーズ・バーン=ジョーンズ 受胎告知
記事 ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 聖告(受胎告知)
記事 ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの受胎告知 1914
記事 ジェームズ・ティソ 受胎告知 (マタイ編 ヨセフの受胎告知)

20世紀の受胎告知
記事 ジェームズ・クリステンセンの受胎告知

| 受胎告知 | 21:05 | trackbacks(3)
| - | 21:05 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
クピドとプシュケは本当にいつの時代にも描かれている作品ですが、このクピドとプシュケの場面をジョン・ウィリアム・ウォーターハウスも描いています。 ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスのプシュケ Psyche Opening the Golden Box 1903 個人蔵John W
| Life Style Concierge | 2010/05/29 9:21 PM |
inoue くんが爆弾記事を書いてくれたおかげで、ラファエル前派に関係する画家の記事を見直したという、もとJOCOSOのみなさん。 ラファエル前派をはじめ世紀末の画家は、画集との色はやっぱり違うことも多いし、何枚か描いている作品の色をミックスしたよ
| art⇔Interactive⇔life | 2010/05/30 2:15 PM |
古代の抒情詩には必ず人魚とかセイレーンが登場する。航海での冒険が多いから。この作品は、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの「人魚」(John William Waterhouse 「The Mermaid」(1900)Royal Academy of Arts, London)です。 古典ギリシャのアポローニオス・
| Magnum Photos Photographer | 2010/05/30 7:30 PM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS