<< マックス・ヴォークラン  | main | ギャンブラー デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
 

UK Telegraph magazine by Mark Luscombe-Whyte


最初はギョッとした。

ヴィクトリア女王の肖像画にガツンとやられたのだろうか?

英国のマガジン「テレグラフ マガジン」の表紙は結構イイ。でも、このカバーはどうなんだろう。2005年のものだけれど。

写真家は間違いかもしれないけど、たしがマーク・ラスカム=ホワイトだったと思う。

Queen Victoria by Sir George Hayter

王室コレクション ヴィクトリア女王 1860
by ジョージ・ヘイター


こちらはヴィクトリア女王の肖像画。19歳の戴冠の肖像。あのミュシャもネスレの広告に描いた、英国の最高の時代。切り裂きジャック不思議の国のアリスラファエル前派ジャポニズム

マーク・ラスカム=ホワイトは、その最高の英国時代を統治したヴィクトリア女王の肖像画を傾け、現代に生きる男性の頭を直撃させた。

その真意とは?ただのシャレ?
| フォトグラフ | 22:35 | trackbacks(1)
| - | 22:35 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
英国誌 テレグラフ マガジン 2008年8月号英国誌の「テレグラフ マガジン」 一目見てわかりましたか?いえいえ、キーラ・ナイトレイ(Keira Knightley) ですとか、「ある公爵夫人の生涯」の映画のお話ではなくて。もちろん「ある公爵夫人の生涯」のデヴォンシャー公爵夫
| Life Style Concierge | 2010/11/12 12:04 AM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS