<< ギャンブラー デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュ | main | フランス革命下の一市民の日記  1791年の2月 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
僕、今日はSAIの二番煎じ。記事がピエトロ・ロンギの二番煎じか!ではなく・・・。

楓のナティエの記事に、ナティエの模倣や模写を記事にしてたのを真似た。僕もAfter SAI というところだ。

記事 Jean-Marc Nattier style ジャン=マルク・ナティエ スタイル

Charles-Joseph Flipart Il Risveglio della Dama 1747-1748

ピエトロ・ロンギの貴婦人の目覚め 1747-48 個人所蔵
シャルル=ヨーゼフ・フリッパート(Charles-Joseph Flipart)


この作品はフランスの画家シャルル=ヨーゼフ・フリッパート(Charles-Joseph Flipart 1721-1796) が失われたらしいピエトロ・ロンギの「貴婦人の目覚め」を、忠実に模写したものらしい。レオナルド・ダ・ヴィンチの「レダと白鳥」のようなものだ。オリジナルがなくなったらしいってこと。

Follower of Pietro Longhi

ピエトロ・ロンギの模写作品 作者不詳 オークションハウス クリスティーズ


2枚の模写作品は作者不詳だが、左が求婚者(たしか単語の使い方でそういう解釈があったはず)、右は貴婦人の目覚め。この「貴婦人の目覚めの模写作品はすっごく多い。

Pietro Longhi (imitatore di) Il risveglio della dama 1760 ca Gallerie di Palazzo Leoni Montanari

ピエトロ・ロンギの「貴婦人の目覚め」の模写 作者不詳 1760年代
パラッツォ・レオーニ・モンタナーリ美術館

Pietro Longhi (imitatore di) La dichiarazione 1760 ca Gallerie di Palazzo Leoni Montanari

ピエトロ・ロンギの「求婚者」の模写 作者不詳 1760年代
パラッツォ・レオーニ・モンタナーリ美術館


この「求婚者」という邦題は僕がつけた。たしかそういう解釈があったという記憶だけで。

Manner of Pietro Longhi The ballroom dance

ピエトロ・ロンギ 風 ボール ルーム ダンス(舞踏室の踊り) 作者不詳

Follower of Pietro Longhi The Casino (Il ridotto),1790 Rijksmuseum Amsterdam

ピエトロ・ロンギ 風 「賭博場」 1790 アムステルダム国立美術館


After Pietro Longhi Il Ridotto, Venice

ピエトロ・ロンギの模倣作品「賭博場」のディティール

After Pietro Longhi Il Ridotto, Venice

ピエトロ・ロンギの模倣作品「賭博場」全体像

Pietro Longhi (bottega di) Il ridotto 1760 ca Gallerie di Palazzo Leoni Montanari

ピエトロ・ロンギ 工房作品 「賭博場」 1760 パラッツォ・レオーニ・モンタナーリ美術館

PIETRO LONGHI(?)  THE RIDOTTO IN VENICE PROPERTY FROM A FRENCH NOBLE FAMILY ca.1750

ピエトロ・ロンギ ではないかという 「ヴェネチアの賭博場 リドット」 1750頃


リドットは当時にあった賭博場を描いている。クエリーニ・スタンパリア美術館に所蔵されているピエトロ・ロンギ作のリドット(賭博場)とは少々違うけれど、ピエトロ・ロンギ 工房作品より10年ほど早い。

現在はオークションハウス サザビーズにあるらしいけれど。一応ピエトロ・ロンギとしているが、※マークをつけている。ちなみにサブ・タイトルに「フランスの貴族の肖像画」とあった。

真筆はどこかにあるのか?

ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 
僕記事 「
ピエトロ・ロンギ流 以下略」
記事 
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi
記事 ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 動物
楓記事 イタリア ロココ ヴェネチアのピエトロ・ロンギ
記事 
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 二枚のポットゲーム
記事 ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi  いかさま よこしま さかしま
記事 「ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi  七つの秘蹟(I Sette Sacramenti)
| アート | 20:16 | trackbacks(4)
| - | 20:16 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
ペテン師 1763 頃ピエトロ・ロンギカウンティ美術館 賭博場 リドット 1757-60 ピエトロ・ロンギクエリーニ・スタンパリア美術館alei が ピエトロ・ロンギの模写、模倣作品を集めた記事をアップした。面白い。僕がピエトロ・ロンギだと思っていた1枚があった。サザビ
| RE+nessance | 2010/11/30 12:04 AM |
ロンギの描いた風俗画の時代は、フランスも英国もロココ。あのポンパドゥール夫人の時代。この作品に描かれている男女はロココ調。ただ一人、右側で立っている人は、同じロンギの作品に繰り返し登場している人物で、この時代に流行した賭博や仮面舞踏会で見かける外套
| Life Style Concierge | 2010/12/01 6:07 PM |
この作品に描かれている男女はみんな、と書いたところで、楓さんに先越されました・・・。これ、ロンギの自画像が描かれてるのです。この作品については・・・楓さんから。 「イタリア ロココ ヴェネチアのピエトロ・ロンギ」 ってことで、どうしよう。
| allegory by wanko | 2010/12/01 6:13 PM |
さて、会場も半ばを過ぎた頃、多くの仮面をつけた人物が登場する、なんとも奇妙でおもしろい作品群と出会うだろう。それらの多くははたったひとりの画家の絵描く風俗風刺を積極的に取り入れ模倣していったもの...
| オレンジのR+ | 2011/10/11 6:09 PM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS