<< フランス革命下の一市民の日記 1791年の9月 | main | フランス革命下の一市民の日記 1792年の4月 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

このセレスタン・ギタールの日記は、僕がトピックし、引用・要約(かなり短く)しているので、フランス革命下の一市民の日記 セレスタン・ギタール著 レイモン・オベール編 河盛好蔵藍訳 中央公論社 を実際に読んでみてください。

この記事で注釈をしていないところなんか、インターネットで自由に検索すれば答えがでてきます。

感想のほか、この日記や注釈で、あれっ?って気がついたところは、僕なりにコメントしてます。で、気がつかないところもあります。以上。

1791年を1971年にしてた。(恥)
1791年のセレスタン・ギタールの日記は2月からはじまり12月で終わるが、1791年の9月30日までの間で、月の日記も僕が取り上げたのはほんのわずか。1日から末までをセレスタン・ギタールはほぼ毎日のように書いているのをお忘れなく。

1792年の日記は、1月・2月は取り上げない。ただし2月29日だけをここに取り上げる。

1792年 2月29日 水
三軍の司令官三人が協議のためパリに滞在中。ロシャンボー、リュクネール、ラ・ファイエットの三将軍である。


フランス革命下の一市民の日記 1792年 3月


3月4日 日
ド・リュー夫人と他の人々に、もうこれからは食事を提供できないと言った。彼女も他の人も、もう来ないでほしいと言った。孤独の暮らしがしたい。

3月11日 日
外務大臣ド・レッサール氏が昨夜逮捕された。反逆罪裁判所に告訴される。

3月1日から2日にかけての夜、オーストリア皇帝レオポルドが急死した。

3月17日 土
王室親衛隊 彼らは昨日パリ市に忠誠を誓い、今日はじめてチュイルリーで王の護衛についた。スイス傭兵100名は昨日解雇。

3月18日 日
自由の帽子 最初に赤い帽子をかぶったのはデュムーリェ氏で、みんなそれに倣ったという。ジャコバン・クラブでは議長も弁士もみんな赤い帽子を被り舌弁をふるった。「伝染的狂気」のようなものだ。仮装行列だ。やがてフランス全土に蔓延するだろう。帽子に国民徴章をつけている。

20日の火曜日、市長がジャコバン・クラブに赤い帽子の件で通達を送る。会員はもうこの帽子を着用しないことを誓った。

3月22日 木
昨日、国王の名で、首切り機械、― ギロチン ―の製造をフランス全土に命ずる、という布告がなされた。今後絞首刑は廃止されるだろう。

3月24日 土
大法令により黒人は解放され、有色人種も白人同様、能動的市民とみなされる。

政府は制服給料付きの国民衛兵を各地に派遣する。サント・ドミンゴのアメリカ・インディアンがようやく法への服従を強制されることになった。

3月29日 木
スウェーデン国王は、3月29日朝、舞踏会で暗殺者の凶弾を腰に受けて死亡。オーストリアの皇帝が亡くなったのが3月1日、今度はスウェーデン国王が死亡。

3月30日 金
愛国金庫と救済金庫、および手形を発行しているすべての私設機関は、今後一切の手形配布を中止し、原料と器具を市庁舎に提出せよという命令が布告された。

救済金庫の財政は破産寸前にあった。

議会や市自治体があらゆる金庫の設立を黙認した結果が、この悲しむべき状態を招いた。これらの金融機関が契約を果たせないと、パリは明日にでも暴動を起こすだろう。

無制限の自由の行き着く先はこんなところだ。


 僕の注釈

追記  3月1日から3日まで、ギタールは珍しく3日連続で何も書いていない。

この年の3月3日はジャック・ギヨーム・シモノーの命日となった。暴動で棒で殴り殺されたらしい。このシモノーは、国民会議で祭典をして6月に大葬儀が行われる。ギタールの日記の6月に書かれている。ちなみにオランプ・ドゥ・グージュはその祭典に王妃マリー・アントワネットへ資金援助の依頼をしている。

記事  フランス革命下の一市民の日記 1792年の6月
記事 オランプ・ド・グージュ  復讐の女神
セレスタン・ギタールは、昨年(1791年)の日記で暮らしやすくなるということを書いていた。

だが、ギタールがもっとも喜んだ1791年9月14日の日記にあるように、「9月14日はフランスと国王にとって、もっとも輝かしい日である。貴族がこの世から姿を消す日である。高等法院も、修道士も修道女も徴税請負人もいなくなる。」と書いたが、彼は9月6日に書いたパンの値上げを忘れている。

どんどん暮らしが傾いていく。

ギタールは市民の中では決して貧しくない。どちらかといえば裕福だ。

そのギタールが、1792年の3月4日に「食事に来ないでほしい、孤独になりたい」とあるのは、暮らしが傾いてきたのではないかという僕の予想。

11日にあるオーストリア皇帝レオポルドが急死の件。1日、2日にかけてとある。急死からフランス市民が情報を得るまでに時間がかかったようだ。

それとも、ギタールは数日まとめて日記をつける癖があるので、たとえば3月18日の日記に20日の結果を書いているから、日付はあてにならない。(笑)

レオポルト2世(1747 - 1792)は前年の1791年にピルニッツ宣言を行って革命への介入を宣言していた、マリー・アントワネットの二人目の兄。在位わずか2年で死去し、帝位は長男フランツ2世が継承。

長兄のヨーゼフ2世とレオポルト2世が立て続けに亡くなる。ヨーゼフ2世は病死。レオポルド2世は性的興奮過多という噂が流れたが、何を見ても死因は書いていない。まさか情死?

ヨーゼフ2世とレオポルト2世はフランス革命のさなかに亡くなっている。そしてスウェーデン国王グスタフ3世もだ。

グスタフ3世の寵臣フェルセンは1792年3月は、どこにいたのだろう。レオポルト2世のもとに亡命していたのか?

ギタールの日記にはフェルセンはでてこない。グスタフ3世の寵臣フェルセンが、王妃アントワネットに役職を与えられていたことも知らないようだ。

3月18日にある自由の帽子、赤い帽子だが、ドラクロワの描く自由の女神も被っている。

ルイ16世が被らされた赤い帽子の記事はこちら。
記事 フランス革命下の一市民の日記 1792年の6月

Eugène DELACROIX (Charenton-Saint-Maurice, 1798 - Paris, 1863) Musée du Louvre, Paris


ドラクロワ、民衆を導自由の女神(1830年) ルーヴル美術館。

マリアンヌの由来については、?と思うところもあるが、まず見てやって。
記事 フランス自由の女神「マリアンヌ」 シャネルのミューズ イネスの復活

3月22日のギロチンをルイ16世の名で布告された。

wiki から引用。

「設計の依頼を受けた外科医のアントワーヌ・ルイは、スコッチ・メイデンやハリファックス断頭台などの各地の断頭台を研究し、刃を三日月形にし、死刑囚の首を板で固定するなどの改良を加えた断頭台を設計した。さらに断頭台の設計図を見たルイ16世が、刃を三日月形ではなく斜めの形状にすればどんな太さの首でも切断できると提案しその通りに改良された。」

3月30日の日記の最後に、「無制限の自由の行き着く先はこんなところだ。」とある。僕も肝に銘じておくが、ギタール氏は昨年(1791年)の2月16日に、こう書いている。

1791年 2月16日 水 フランス革命下の一市民の日記 1791年の2月 

「王国内の宣誓ギルドならびに親方制度の廃止。わずかな金額を納めるだけで、誰でも自分の好きな職業を営むことができる。」とギタールは書いた。

僕はこの日記に僕的注釈を加えた。自由競争がはじまったということだから、当然値段もつり上げられる。

ギタールの1791年9月の日記には、パンの値上げが書かれていたと先にも書いたが、ル・シャプリエ法の自由競争で、一番徳をするのは「ブルジョワ層」だけだ。


 
フランス革命下一市民の日記 過去記事一覧

テルール(恐怖)のあと (1794年8月〜12月)
ジャコバン派独裁 恐怖政治編 (1794年1月〜7月)

ロベスピエール編
ロベスピエール編 その1 (1792年12月〜1793年7月)
ロベスピエール編  その2 (1793年8月〜1793年12月)

1793年
フランス革命下の一市民の日記 1793年 1月
フランス革命下の一市民の日記 1793年 4月
フランス革命下の一市民の日記 1793年 7月
フランス革命家の一市民の日記 1793年10月

1792年
フランス革命下の一市民の日記 1792年の3月
フランス革命下の一市民の日記 1792年の4月
フランス革命下の一市民の日記 1792年の5月
フランス革命下の一市民の日記 1792年の6月
フランス革命下の一市民の日記 1792年の7月
フランス革命下の一市民の日記 1792年の8月
フランス革命下の一市民の日記 1792年の9月
フランス革命下の一市民の日記 1792年 10月
フランス革命下の一市民の日記 1792年 12月

1791年
フランス革命下の一市民の日記 1791年の2月
フランス革命下の一市民の日記 1791年の4月
フランス革命下の一市民の日記 1791年の5月
フランス革命下の一市民の日記 1791年の6月
フランス革命下の一市民の日記 1791年の7月
フランス革命下の一市民の日記 1791年の8月
フランス革命下の一市民の日記 1791年の9月
| BOOK | 11:16 | trackbacks(0)
| - | 11:16 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS