<< パッヘルベルのカノン (Canon in D) とジーグ(Gigue in D)、シャコンヌ、コラール、フーガほか | main | バロック期の撥弦楽器 リュートの種類とその音楽 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

ご存知エルガーの威風堂々。

アマチュアも含めてたくさんあった「威風堂々」の第1番のなかで、いちばんいいかなって思ったのが、ベルリン・フィルハーモニー。

Preformed By the : Berlin Philharmonic
Conducted By : Daniel Barenboim
Edward Elgar - Pomp And Circumstance, March No.1 In D

第1番の中間部の旋律は「希望と栄光の国」(Land of Hope and Glory)と呼ばれている。

この旋律を1931年に作曲者サー・エドワード・ウィリアム・エルガー(Sir Edward William Elgar)の指揮によるの動画を見つけた。このあとに続く演奏は1987年にアンドレ・プレヴィン(André Previn)の指揮によるロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(Royal Philharmonic Orchestra)となっている。

Elgar - Pomp and Circumstance March No 1

追記
サー・エドワード・ウィリアム・エルガー(Sir Edward William Elgar)の指揮でBBC交響楽団の演奏。HMVのレコード。

Recorded by HMV Studios : Abbey Road, London
Preformed By the : BBC Symphony Orchestra
Conducted By : Sir Edward William Elgar

Pomp & Circumstance - Edward Elgar


この旋律は英国のロイヤル・ウエディングにも演奏されており、エルガーの曲は元ダイアナ妃、そしてウィリアム王子とキャサリン妃の式にも奏でられた。

この「威風堂々」は、パイプオルガンや管弦楽用の鈴、ハープ2台が第1番の楽器編成に含まれている。忠実な演奏を聴いてみたいものだ。

楽器構成のトライアングルの音が聞こえるのは次の動画。

Elgar - Pomp And Circumstance No. 1 In D Major

全曲はこちらから。行進曲「威風堂々」作品39 (リンク先直したから。)

第1番ニ長調 1901年
Elgar - March No. 1 - Pomp and Circumstance Military Marches
第2番イ短調 1901年
Elgar - March No. 2 - Pomp and Circumstance Military Marches
第3番ハ短調 1905年
Elgar - March No. 3 - Pomp and Circumstance Military Marches
第4番ト長調 1907年
Elgar - March No. 4 - Pomp and Circumstance Military Marches
第5番ハ長調 1930年 ずいぶん期間があいてる。70歳すぎの作品
Elgar - March No. 5 - Pomp and Circumstance Military Marches

エルガーが完成させたのは5曲。遺稿となった未完の第6番がアンソニー・ペイン(Anthony Payne)によって補筆されて完成となった。

wikiによると「補筆版は1996年に大英図書館で発見された主要主題を含む草稿と、大英図書館所蔵の手稿譜を元に2005年から2006年にかけて補筆完成」とあった。

第6番(遺作)ト短調 アンソニー・ペイン補筆2005-2006
ELGAR - POMP AND CIRCUMSTANCE MARCH NO.6.wmv

知ってのとおり、「Pomp and Circumstance 」(威風堂々)というタイトルが、シェイクスピアの「オセロ」第3幕第3場の台詞から取られているとなっている。

オセロはツィンツィオの「百物語」第3篇第7話("Un Capitano Moro" ("A Moorish Captain") by Cinthio)がネタ。

この「オセロ」を元にした音楽作品とも言われている。本来は軍の儀仗演奏用の曲としてエルガーが作曲したものだから、キプロスの軍隊の指揮官で気高きムーア人オセロから準備したのだろうか。

だがこのセリフ自体は、讒言を見抜けなかった男の嫉妬のセリフである。

オセロが書かれた当時、英国のキリスト教とモロッコのイスラム教が、互いに異教でありながら貿易を開始した。

英国に滞在したモロッコの大使は、このシェークスピアの1602年の作「オセロ」(Othello)の副題である「ヴェニスのムーア人」(The Moor of Venice)だった。

異境で異教のモロッコ大使と、異境で異教の将軍オセローは、その異境の地におけるたった一人の異邦人なのだ。

一人の異邦人が異境の地で、悪意に見舞われるのは容易いことだろう。ゲーム「オセロ」の名の由来にもなったオセローは、白人ばかりのヴェニスで、肌の黒いムーア人だったわけだ。

オセローは、イアーゴの嫉妬の悪巧みにまんまとはまる。そしてイアーゴの讒言に対してのオセロのセリフに、「輝かしい戦いの盛儀盛宴(Pomp and Circumstance)」がでてくる。

O, now, for ever
Farewell the tranquil mind! farewell content!
Farewell the plumed troop, and the big wars,
That make ambition virtue! O, farewell!
Farewell the neighing steed, and the shrill trump,
The spirit-stirring drum, the ear-piercing fife,
The royal banner, and all quality,
Pride, pomp and circumstance of glorious war!
And, O you mortal engines, whose rude throats
The immortal Jove's dead clamours counterfeit,
Farewell! Othello's occupation's gone!

(オセロ 第3幕第3場 Act III, Scene III of Shakespeare's Othello)

「Farewell」(フェアウェル)はフランス語の「Adieu」(アデュー)と同じ響きをもつ。今生の別れの言葉だ。「Farewell」のもつ意味 「さらば、ごきげんよう」という告別である。

Pride, pomp and circumstance of glorious war!
「輝かしい戦いの誇りに、称誉の盛儀盛宴よ!」といったところだろうか。

「威風堂々」は「威風堂々たる陣容」という邦題だった。「輝かしい戦いの盛儀盛宴」を「軍隊の構え」を強調している。だが、盛儀盛宴とは戴冠式の儀式や国賓の歓迎式典、そして祝いの祝典の晩餐を意味している。

その儀式の装飾する武具と武器、儀礼と護衛のための儀仗兵の美しく正確な陣取りが、栄光の象徴でもあり軍人の誇りでもある。オセローは、その栄光と誇りに決別するほどの落胆を、イアーゴの悪巧みで打撃を受け、エルガーはその「栄光と誇り」を強調したのだから、威厳が満ちあふれた様をあらわす四文字熟語の「威風堂々」も誤用にはならないというのが僕の解釈。名訳中の名訳と思ってるからさ。

さて、エドワード7世からの歌詞の要望により、1902年に国王のための戴冠式頌歌(Coronation Ode)を作曲、第7番目の終曲「希望と栄光の国(Land of Hope and Glory)」にこの行進曲を用いた。歌詞は詩人アーサー・クリストファー・ベンソン(Arthur Christopher Benson )によるもの。

Land of Hope and Glory(もちろん合唱つき)

儀式の装飾する武具と武器、儀礼と護衛のための儀仗兵と書いたが、ロンドン バッキンガム宮殿の黒い帽子に赤い軍服の近衛騎兵隊「ホースガーズ」はそのものだね。

200年には満たないが、歴史は古い近衛軍楽隊(コールドストリーム・ガーズ・バンド )は、王室の公式行事にかかせない存在でもある。

戴冠式頌歌(Coronation Ode)の終曲「希望と栄光の国(Land of Hope and Glory)」の演奏をコールドストリーム・ガーズ・バンド (The Band of the Coldstream Guards)のものを発見したついでに、第1-第6までの試聴先もゲット。

Coronation Ode, Op. 44

"Crown the King"I
"Crown the King" - Introduction Soloists and Chorus

エルガー:戴冠式頌歌 無料体験で試聴できる

Crown the King with Life!
    Through our thankful state
    Let the cries of hate
    Die in joy away;
Cease ye sounds of strife!
    Lord of Life, we pray,
Crown the King with Life!

Crown the King with Might!
    Let the King be strong,
    Hating guile and wrong,
    He that scorneth pride.
Fearing truth and right,
    Feareth nought beside;
Crown the King with Might!

Crown the King with Peace,
    Peace that suffers long,
    Peace that maketh strong,
    Peace with kindly wealth,
As the years increase,
    Nurse of joy and health;
Crown the King with Peace!

Crown the King with Love!
    To his land most dear
    He shall bend to hear
    Ev'ry pleading call;
Loving God above,
    With a heart for all;
Crown the King with Love!

Crown the King with Faith!
    God, the King of Kings,
    Ruleth earthly things;
    God of great and small,
Lord of Life and Death,
    God above us all!
Crown the King with Faith!

God shall save the King,
    God shall make him great,
    God shall guard the state;
    All that hearts can pray,
All that lips can sing,
    God shall hear today;

Crown the King with Life
    with Might, with Peace, with Love, with Faith!

God shall save the King,
    God shall make him great,
    God shall guard the state;
    All that hearts can pray,
All that lips can sing,
    God shall hear today;
God shall save the King!



(a) "The Queen" (b) "Daughter of ancient Kings"II - (a) "The Queen" - Chorus

エルガー:戴冠式頌歌 無料体験で試聴できる

True Queen of British homes and hearts
    Of guileless faith and sterling worth,
We yield you ere today departs,
    The proudest, purest crown on earth!

We love you well for England's sake,
    True you shall prove, as you have proved;
The years that come shall only make
    Your name more honoured, more belov'd.

Oh kind and wise, the humblest heart
    That beats in all your realms today
Knows well that it can claim its part
    In all you hope, in all you pray.


II - (b) "Daughter of ancient Kings" - Chorus "A Greeting to Her Gracious Majesty, Queen Alexandra"

    Daughter of ancient Kings,
    Mother of Kings to be,
Gift that the bright wind bore on his sparkling wings,
    Over the Northern sea!

    Nothing so sweet he brings,
    Nothing so fair to see,
Purest, stateliest, daughter of ancient Kings,
    Mother of Kings to be!



 "Britain, ask of thyself"III "Britain, ask of thyself" 
Solo Bass and Chorus (Tenor and Bass)

エルガー:戴冠式頌歌 無料体験で試聴できる

Britain, ask of thyself, and see that thy sons be strong,
    See that thy sons be strong,
    Strong to arise and go,
    See that thy sons be strong,

See that thy navies speed, to the sound of the battle-song;
    Then, when the winds are up, and the shuddering bulwarks reel,
    Smite, the mountainous wave, and scatter the flying foam,
    Big with the battle-thunder that echoeth load, loud and long;

Britain, ask of thyself, and see that thy sons be strong,
    See that thy sons be strong,
    Strong to arise and go,
    If ever the war-trump peal;

See that thy squadrons haste, when loos'd are the hounds of hell;
    Then shall the eye flash fire, and the valourous heart grow light,
    Under the drifting smoke, and the scream of the flying shell,
    When the hillside hisses with death, and never a foe in sight.
    Britain, ask of thyself, and see that thy sons be strong.

So shall thou rest in peace, enthron'd in thine island home.
    So shall thou rest in peace,
    Enthron'd in thine island home,
    So shall thou rest in peace, enthron'd in thine island home.

Britain, ask of thyself,
    Britain, ask of thyself, see that thy sons be strong,
    Strong to arise, arise and go, see that thy sons be strong.
    See that thy sons be strong,
    Strong to arise and go, if ever the war-trump peal!



(a) "Hark, upon the hallowed air" (b) "Only let the heart be pure"IV
(a) "Hark, upon the hallowed air" - Soli (Soprano and Tenor)

エルガー:戴冠式頌歌 無料体験で試聴できる

Tenor
Hark, upon the hallow'd air,
    Spirits pure of sight and sense,
Hov'ring visions, rich and fair,
    Lend their radiant influence!
Airy powr's of Earth and Sky
Bless our meet solemnity.

Soprano
Music, sweetest child of heav'n,
    At thy touch the heart is free,
Ancient wrongs by thee forgiv'n,
    Cares uplifted, heal'd by thee,
Listen smiling, borne along
In the sacred, sacred tide of song.

Tenor
Music, music of the poet's heart!
    Widening yet the echoes roll;
Fiery secrets, wing'd by art,
    Light the lonely list'ning soul,
Till the aching silence rings
With the beat of heav'nly wings.

Soprano
Magic web of woven hues,
    Tender shadow, linked line,
Sweet mysterious avenues
    Opening out to Light Divine!
Painter-poet, thou canst teach
More than frail and falt'ring speech.



IV (b) "Only let the heart be pure" - Quartet (S.A.T.B.)

エルガー:戴冠式頌歌 無料体験で試聴できる

Only let the heart be pure,
    Pure in steadfast innocence,
Stainless honour, strong and sure,
    Stem the ardent tide of sense!

So shall Wisdom, one with Truth,
    Keep undimm'd the fires of youth,
Strong to conquer, strong to bless,
    Britain, Heaven hath made thee great!

Courage knit with gentleness,
    Best befits thy sober state.
As the golden days increase,
    Crown thy victories with peace!



"Peace, gentle peace"V "Peace, gentle peace" 
Soli (S.A.T.B.) and Chorus unaccompanied

エルガー:戴冠式頌歌 無料体験で試聴できる

Peace, gentle Peace, who, smiling through thy tears,
Returnest, when the sounds of war are dumb ...
Our earth is fain for thee! Return and come.



"Land of hope and glory"VI - "Land of hope and glory" - Finale (Contralto Solo and Tutti)

コールドストリーム・ガーズ・バンド (The Band of the Coldstream Guards)の演奏
Land Of Hope & Glory - Heroes - The Coldstream Guards

Solo   
    Land of hope and glory,
        Mother of the free,
    How shall we extol thee,
        who are born of thee?
    Truth and Right and Freedom,
        each a holy gem,
    Stars of solemn brightness,
        weave thy diadem.

Chorus
    'Tho thy way be darken'd,
        still in splendour drest,
    As the star that trembles
        o'er the liquid West.
    Thron'd amid the billows,
        thron'd inviolate,
    Thou hast reign'd victorious,
        thou hast smil'd at fate.

Soloists and Chorus
    Land of hope and glory,
        Fortress of the free,
    How shall we extol thee?
        praise thee, honour thee?
    Hark! a mighty nation
        maketh glad reply;
    Lo, our lips are thankful;
        lo, our hearts are high!
    Hearts in hope uplifted,
        loyal lips that sing;
    Strong in Faith and Freedom,
        we have crowned our King!


wikiによると、「BBCプロムスなどにおける演奏がBBCで放映される際には、歌曲の最初の部分においてエリザベス2世女王の映像が必ず流されることとなっている。」とあった。
| MUSIC | 18:10 | trackbacks(1)
| - | 18:10 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
僕はエルガーは「威風堂々」が好きだ。特にアンソニー・ペイン(Anthony Payne)によって補筆されて完成した第6番。それをalei が記事にしちゃった。全曲(第6番まで)その記事から聴ける。悔しい。記事 威風堂々だから、エニグマにした。少年ジャンプの「エニグマ」じ
| RE+nessance | 2011/06/08 12:03 AM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS