<< 抒情−ジャズヴァイオリニスト 寺井尚子 | main | 「牛」−長沢芦雪とアンディー・ウォーホル >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
L・ハリス Lawren Stewart Harris (1885-1970)は、20世紀初め頃の「グループ・オブ・セブン」という画家集団の一人だ。カナダの国土、空、魔術的な光をとらえるカナダ人独特の風景観はここから展開されたともいえる。

リーダー格は、トム・トムソン。広く社交することを嫌い、気のおける少数の友人たちとつきあうことを好んだ。

ローレン・ハリスのほか、そういった彼に惹かれたグリップ社の5人の画家、A.Y.ジャクソンが加わり、「グループ・オブ・セブン」となっていく。

1917年、すぐれたカヌーイストのトムソンが溺死。彼の友人、知人たちの間に、疑惑が持ち上がるが、現在も迷宮入りしたままである。

絵は、ローレンス・ハリスの「Greenland」である。
| グループ・オブ・セブン | 17:11 | trackbacks(10)
| - | 17:11 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
カナダで1920年代から始めた画風というのが、「グループ・オブ・セブン」によって描かれた荒々しい自然と美しい静寂な自然。そのメンバーの一人にA・J・カソン A.J. Casson がいる。彼は、遅い参加者の一人だった。メンバーは、来たの森をよく描いていたが、カソンは
| Magnum Photos Photographer | 2006/06/04 7:50 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/06/04 8:29 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/06/04 8:30 PM |
l. l. Fitzgeraldは草原のペインターとよばれているようです。 P
| Stylish-Club | 2006/06/04 8:48 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/06/04 9:05 PM |
F・H・ヴォーレイのGroup of Sevenへの参加は、あとになってのことだった。彼は、肖像画を多く作品に残している。 Group of Sevenの趣旨は、カナダの国土を独特の手法で描くことにある。荒野への探検、自然に触れながら探求する。ヴォーレイのこの作品は「Tree Patte
| 何の印象もないBlog | 2006/06/04 11:57 PM |
J・E・H・マクドナルド J.E.H. MacDonald は、1920年に結成された、カナダ近代美術の巨匠といわれるGroup of Sevenの一人。この絵のタイトルは「Rural Scene by Moonlight」という。 ジェームス・エドワード・ヘンリー・マクドナルドは、ユーモアの感覚に優れた芸
| RE+nessance | 2006/06/05 12:00 AM |
トロントの北西部にある小さな村クレインバーグにあるマクマイケル美術館が有名なのは、グループ・オブ・セブンの作品が集められていることにあります。 この「アイリス」という作品は、メンバーの一人であるF・カーマイケル Franklin Carmichael が描いたもの。
| Life Style Concierge | 2006/06/05 12:12 AM |
A・リスマー Arthur Lismerは、「September Gale」という作品で才能を示した。 彼が「Group of Seven」に参加し、荒野を探検し、カナダという自然をスケッチする旅は、薮、道、湖、滝など、生命の分岐点と感じる驚異を描いていく。 この作品は「Forest Scene」と
| ComicStrip | 2006/06/05 1:13 AM |
The Group of Seven 1920年にトロントで結成され1933年に解散した風景画家たち。結成当時のメンバーは,F・カーマイケル,L・ハリス,A・Y・ジャクソン,F・H・ジョンストン,A・リスマー,J・E・H・マクドナルド,F・H・ヴォーレイ。後にA・J・カソン,
| 変身抄 | 2006/06/05 1:22 AM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS