<< ベルギービール Cantillon | main | 赤い公爵,ボルドーの女王 シャトー・マルゴー 1961 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
Erdinger Weissbier darkドイツの詩人ゲーテの父親の副業が、ヴァイスアドラーレインにある酒場だったらしい。それで、なにやらバイエルンマイスタービールのオーナー、ステファン・ラガー氏のソーセージ&生ビールを味わいながらライブ観戦できるという、ワールドカップ ゲーテ・バーなるものが、6/12 - 7/9限定で東京ドイツ文化センターに開かれたというじゃないか。しかしながら本格的なソーセージとドイツ生ビールなら、家でもいいかも。今回は、Erdinger Weissbier 'dark'にしてみようか。エルディンゲル ヴァイスビアーってエルディンガーの黒ビール。これはね、とっても香ばしいんだ。初めてでも失敗しない味だと思う。おいしく飲むコツは、最後に注ぐ分が残ったあたりでビール瓶を軽く廻すと、澱が残らない。


アディダス 2006 W杯決勝戦試合球 +チームガイストちなみにリンク先のエルディンガーのHP内では、ビアグラスや栓抜きや、ボールまでも売っている。ワールドカップの応援だろうか。応援用ユニフォームらしきものもあった。

写真は、2006 W杯決勝戦試合球 +チームガイスト である。


ドイツ・マインツに本部を置くドイツワイン基金は、FIFAとライセンス契約を結び、ヨーロッパ全土で2006年FIFAワールドカップドイツ大会のオフィシャルロゴ、FIFAワールドカップトロフィーのイラストを使ってドイツワインを販売できる独占的権利を得た。日本未発売のものもあるらしいが、下記サイトからもオーダーができるが残っているか。

海外サイト/Wine Detail FIFA 2006-World Cup
国内サイト/2006 FIFA ワールドカップ(TM) シャンパン



2006FIFAワールドカップオフィシャルサイト

FIFA WM 2006 Shop
WMトロフィー EUR 14,95


afri-colaドイツといえば、afri-colaがある。でもペットボトルに変わったんじゃないの?HPは、昔のボトルなんだけどさ。これは、直接メールで購入はできるけど、どうなんだ?オリジナルのアフリ・コーラは送られてこないぞ。カフェインなどの基準が違うからね。

さ〜て、ワールドカップのためのホーム・バー ゲーテも、ドリンクやアルコールだけでは、満足しない。本場のドイツソーセージ、ハムも欲しいよな。


Everytimeウィンナーはメキシカンチョリソー、ニュールンベルガー、バジルヴルストに、ソセージはオーバークライナー、シンケンヴルスト、そして名物の白いミュンヘナーヴァイスヴルスト。モルタデッラパルマ産の生ハムもいい。

ちなみに今だけの限定発売で、ドイツでなないが、フランス製の「サッカーボールチーズ」もどうだ!2006年ドイツワールドカップのために入荷したシェーブル型のチーズだという。

どうでもいいんだけど、もう廃盤になっているはずの、アフリ・コーラのCMのCDジャケット。試聴から、「廃盤」という行く末がわかる曲だった。まったくの洒落のつもり。(笑)
EverytimeCD / 試聴 Everytime


+チームガイスト最後は、公式ボールの話。球名は「+チームガイスト」。チームスピリットをテーマにした造語とデザインだ。この公式ボールを、長野県松本市の鍛金職人が、純金の「+チームガイスト」を製作した。W杯開催年にちなんで2006万円で、高島屋で販売をしたそうだ。
| ワールドカップ | 06:20 | trackbacks(2)
| - | 06:20 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/06/18 11:14 PM |
豚肉の腕をクリーム状に練って、その中に塩漬けした肉を荒挽きにして残しペッパー主体...
| ステム - ブログ | 2006/07/28 5:09 PM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS