<< ピカソ 草上の昼食 | main | ティツィアーノ バッカス祭連作から「アンドロス島の人々」  ルーベンスの模写 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

いつか記事にしようと思っていたけれど。

2008年でのグラン・パレで、「Picasso and the Masters ―ピカソと巨匠たち」があった。ピカソの作品と巨匠たちの類似作品を並べての展示。

もちろん「そうだね。」という作品もあるし、タイトルに「〇〇に基づく」というものもある。

Grand nu au fauteuil rouge, Pablo Picasso


だが、このピカソの「赤い肘掛椅子の裸婦 1929」(パリ,ピカソ美術館)がアングルの「モワテシエ夫人の肖像 1856」(ロンドン,ナショナル・ギャラリー)が下敷きになっているって信じる?

この作品を見た瞬間、ふつうはマティスの「肘掛椅子の裸婦 1926」(個人所蔵)を思い出すじゃないか。

Henri Matisse - Nude Sitting in an Armchair , Grand nu au fauteuil rouge, Pablo Picasso


ピカソの作品より3年も前に完成されていたマティスの「肘掛椅子の裸婦」で、壁紙も似ているし、裸婦の姿勢もそっくりだ。

それが、このピカソの作品がアングルの「モワテシエ夫人の肖像 1856」(ロンドン,ナショナル・ギャラリー)と類似しているとされているが・・・。

Madame Moitessier 1856, Jean-Auguste-Dominique Ingres The National Gallery, Londres


このアングルの「モワテシエ夫人の肖像 1856」が下敷きだとは考えられない。

この「Picasso and the Masters ―ピカソと巨匠たち」では、アングルとの類似とされるピカソの作品も多くある。「あー、なるほど」というのもね。

Jean Auguste Dominique Ingres : Madame Moitessier,Jean Auguste Dominique Ingres : Madame Moitessier


マティスの「肘掛椅子の裸婦」とアングルの「モワテシエ夫人の肖像」の類似のほうがまだマシ。モワテシエ夫人の鏡に映る赤い髪飾りとマティスに描かれた赤いタンバリン。

つまりマティスの「肘掛椅子の裸婦」=アングルの「モワテシエ夫人の肖像」で、マティスの「肘掛椅子の裸婦」=ピカソの「赤い肘掛椅子の裸婦」だから、アングルの「モワテシエ夫人の肖像」=ピカソの「赤い肘掛椅子の裸婦」でもいいかと?だとしたら短絡的だね。

ピカソの類似作品のリンク記事はこちら
XAI ピカソ ダヴィッドに基づくサビニの凌辱

| ピカソ | 21:55 | trackbacks(1)
| - | 21:55 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
[url=http://remove.jugem.jp/?eid=281]ピカソと巨匠(Picasso et les Maîtres,)[/url]での類似作品は他にもあるけど。別ブログから、類似記事にリンクしています。 XAI [url=htt...
| Die Verwandlung | 2012/06/16 10:25 AM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS