<< フランチェスコ・ファントーニ・ダ・ノルチェ 16世紀の受胎告知 | main | 青列車の秘密 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

Dirk Bouts The Annunciation 1450 - 1455 The J. Paul Getty Trust

ディルク・ボウツ  受胎告知 1450 - 1455
ゲッティ美術館所蔵


ゲッティ美術館所蔵のディルク・ボウツ「受胎告知」はこの1枚だったはずなんだけど。こんな「受胎告知」を発見してしまった。


調べてみたら、この作品と同じものを掲載しているサイトを発見した。

ディルク・ボウツの祭壇画には中央パネルが全く同じ「最後の晩餐」で、右翼と左翼が違うパターンのものだが、完全な復元が難しいようで、二つのパターンが知られているが、聖ペトロ教会で公開されているのは下の配置での祭壇画。上は個人所蔵。



多翼祭壇画 聖餐の秘跡の祭壇画 ディルク・ボウツ 
個人所蔵、聖ペテロ教会


この祭壇画に関係のある二枚目の「受胎告知」は模写なのか。それとも二人の息子はボウツ工房の作品だろうか。ディルク・ボウツの「キリストの生涯」は「聖餐の秘跡の祭壇画」 と一組だと言われている。そうすると個人所蔵の「受胎告知」ではないかと。


多翼祭壇画の「イエス ・ キリストの生涯を表す5 つ絵画の一場面が、ゲッティ美術館の「受胎告知」だ。上部の左翼。


こんなカンジではないかという説のひとつ。受胎告知、東方三博士の礼拝、中央パネルがキリストの磔刑。そしてキリストの埋葬、キリストの復活という説がある。ちなみに東方三博士の礼拝は模写らしい。


キリストの埋葬(ロンドン・ナショナル・ギャラリー)、キリストの復活(ノートン・サイモン美術館)も、ディルク・ボウツは何枚が描いている。中央パネルの「キリストの磔刑」は王立美術館所蔵。


そうすると、もしかすると謎の「受胎告知」は、この「キリストの磔刑」(王立美術館)とあわせた祭壇画のコピーだったのかも。

ひとつ気になるのは、カラーの方は確かにベルギー王立美術館なんだけど、モノクロの方は個人所蔵のような気がする。



多翼祭壇画「イエスの生涯」 ディルク・ボウツ 聖ペテロ教会の予想図

 



多翼祭壇画「イエスの生涯」 ディルク・ボウツ 個人所蔵を仮定した予想図


だったら、こんなカンジがあったんだろうか?ディルク・ボウツの受胎告知はいくつかある。多翼祭壇画の一部のものもある。

Polyptych of the Virgin: The Annunciation, The Visitation, The Adoration Of The Angels and The Adoration Of The Kings

ディルク・ボウツ  聖母の祭壇画 プラド美術館


ディルク・ボウツの聖母の祭壇画は、右から「受胎告知」、「エリザベツへの訪問」、「キリスト降誕」、「東方三博士の礼拝」の順になっている。

Bouts Annunciation   Czartoryski Museum

ディルク・ボウツ 受胎告知 チャルトリスキ美術館


Bouts, Dirk the Elder - The Annunciaton

ディルク・ボウツ  受胎告知 1465-70 カルースト・グルベンキャン美術館




ディルク・ボウツ  受胎告知 エマ・ゴードン文化財団

 

| 受胎告知 | 18:20 | trackbacks(0)
| - | 18:20 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS