<< ジュリー・ヘファナン Julie Heffernan その2 ベラスケスのマリア・テレサ編 | main | MozART Group 弦楽四重奏団 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

Wild Cherry 1995,Katharine Kuharic

キャサリン・クハリク ワイルドチェリー(西洋実桜)  1995  個人所蔵


まるで「メメント・モリ(死を忘れるな)」。で、死神がまるで胎児のように描かれているみたいにも見えない?

果樹のサクランボ(桜桃)のワイルドチェリー(西洋実桜)がタイトルだけど。

僕がキャサリン・クハリクに興味を持ったのはこの作品ともう一枚。そのもう一枚は自分のブログ記事にするとsai にもってかれた。

しかも理由が、僕のように二枚じゃなく、ただ一枚だからだってさ。

記事 キャサリン・クハリクのミスター・ロジャーズ

| アート | 21:05 | trackbacks(1)
| - | 21:05 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
ミスター・ロジャーズ 1996 by キャサリン・クハリク 僕的にあんまり好きな画家じゃなさそうだけど、この作品「ミスター・ロジャーズ」だけは別。アメリカの女流画家では、前回の記事でジュリー・ヘファナンも紹介したけどこの人もアメリカのアーティスト。変わって
| RE+nessance | 2012/09/08 9:05 PM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS