<< ウォルター・クレイン 生と死の架け橋 | main | ディーノ・バルス ラス・メニーナスがのぞいた国王夫妻 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

ある空港でのこと。

仕事初めからクライアントと同行し、ラウンジで時間を過ごそうと思っていたところ、自動チェックイン機が近くにあり、何気に視線に入った人物に感じたのは「・・・誰だっけ?」。

でラウンジで休んで搭乗して無事着陸して、クライアントが手洗いに行っているときに、またその人物を見かけた。

「あれっ、〇〇じゃないか?」と僕。
僕に同行したスタッフは、「えっ!違うでしょ。後姿しかみえなかったですけど、〇〇より若い感じですよ。」

それっきりになった。

3週間ほどの出張で、帰国してからのこと。

〇〇室に〇〇がいたので、気軽に「〇日だったか、自動チェックイン機でみかけたのは、もしかして〇〇?」と聞いたら。

〇〇の顔が青くなった。

「誰にも言わないでください。お願いです。」と必死。

「う、うーん、わかったよ」と僕。

僕はあんまり、スタッフたちの出勤とか有休とか、あんまりチェックしていない。他のスタッフに任せている。

そんな僕がたまたま、ホントに偶然に目にしたのが〇〇の有休理由。あの日から5日間「インフルエンザ」で休みになっていた。唖然。

誰にも言わないでくださいだって?僕に知れたら一番まずいだろが?バカヤロー!

で、誰にも言わないでくださいって言われたから、言いたいけど言わない僕。それで記事にした。今回に限って見逃してやる。管理をまかせっきりにしていた僕の責任もあるし。

で、診断書どうしたんだよ。

| murmur | 16:22 | trackbacks(0)
| - | 16:22 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS