<< ディーノ・バルス 古代エジプト人の魂 イブ  | main | マーク・トンプソン・エラリングの奇妙な絵 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

英米文学者で東京大学教授で翻訳家で小説家の柴田元幸氏。



風強く 客もなきはず 冬の夜 ベルは鳴れども 人影皆無 


この人の翻訳で、エドワード・ゴーリーの「うろんな客」が印象的だった。あまりにもセンスがよくって柴田元幸氏の「うろんな客」にエドワード・ゴーリーが挿絵にしたってほど、エドワード・ゴーリーを喰ってしまったと思う。

The Doubtful Guest by Edward Gorey

夜明くれば 朝餉の席に加わりて パンに皿まで 牛飲馬食


本当に普通に訳せば「翌朝、朝食の席に加わってシロップとトーストを平らげ、おまけに皿まで食べていた。」という感じ。

カフカの「変身」のザムザと違い、「胡乱」でありながら自由であり、居場所がある。

20世紀文学のフランツ・カフカの「変身」(Die Verwandlung)は、グレゴール・ザムザが朝、目が覚めると一匹の巨大な虫に変身していた。家族はパニックになり、自室へ軟禁し、食事と掃除だけの世話を続けるだけで、最後息絶えた彼に家族としての慈しみも悲しみもない。

自分が人間だった頃。ザムザ氏の家族への愛情。

自分が人間だった頃、といえば少年ジャンプの「暗殺教室」の殺先生はどうか。タコとして描かれている「うろんな教師」だが。同じく「トリコ」に登場するGTロボ、「ニトロ」によく似ている。



新しき 蓄音機から喇叭取り なだめすかせど 馬耳東風




ともすれば 訳のわからぬ むかっ腹 風呂のタオルを 一切隠蔽


韻文の原文に短歌で翻訳。「うろん」は「奇妙な」の類義語で、この風変わりな物語にマッチしている。

Hoipolloi Gorey’s The Doubtful Guest

エドワード朝の一家とうろんな客の肖像画


何年かまえに、劇団ホイ・ポロイ(Hoipolloi)による「うろんな客」(The Doubtful Guest)をみた。

When they answered the bell on that wild winter night, There was no one expected -- and no one in sight

Then they saw something standing on top of an urn, Whose peculiar appearance gave them quite a turn.

All at once it leapt down and ran into the hall, Where it chose to remain with its nose to the wall.

It was seemingly deaf to whatever they said, So at last they stopped screaming, and went off to bed.

It joined them at breakfast and presently ate All the syrup and toast and a part of a plate.

It wrenched off the horn from the new gramophone, And could not be persuaded to leave it alone.

It betrayed a great liking for peering up flues, And for peeling the soles of its white canvas shoes.

At times it would tear out whole chapters from books, Or put roomfuls of pictures askew on their hooks.

Every sunday it brooded and lay on the floor, Inconveniently close to the drawing-room door.

Now and then it would vanish for hours from the scene, But alas, be discovered inside a tureen.

It was subject to fits of bewildering wrath, During which it would hide all the towels from the bath.

In the night through the house it would aimlessly creep, In spite of the fact of its being asleep.

It would carry off objects of which it grew fond, And protect them by dropping them into the pond.

It came seventeen years ago -- and to this day It has shown no intention of going away.

これだけの短い物語を時間をかけて演じてた。ある意味ではすごい。

胡乱(うろん)はご存知のように「正体の怪しく疑わしいこと」、「確かではないこと。真実かどうか疑わしいこと」だけど、この「胡乱な客」に、最後まで名はなかった。今では17年にもなるエドワード朝の一家との暮らしの中で。

名もない「うろんな客」は、居場所だけはあるようだ。

The Doubtful Guest, by Edward Gorey and 漫画家島袋光年「トリコ」

エドワード・ゴーリーの「うろんな客」
VS
少年ジャンプ 島袋光年 「トリコ」 ニトロ


やっぱり似てる。どちらもうろんな客だしね。

エドワード ゴーリー
コメント:柴田元幸氏の「うろんな客」にエドワード・ゴーリーが挿絵にしたってほど、エドワード・ゴーリーを喰ってしまったセンスの良い翻訳。

Edward Gorey
コメント:今日(2013.2.22)のGoogleロゴはエドワード ゴーリー生誕88周年。ナンセンスで不条理なストーリーと挿絵は大人の絵本かも。

| BOOK | 23:45 | trackbacks(0)
| - | 23:45 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS