<< 青列車の秘密 | main | 気になる? >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -

西湖吟趣?卷
西湖吟趣图卷(林逋と梅花と鶴)  天津市艺术博物館 

林逋 梅花

吟懐長恨負芳時
為見梅花輒入詩
雪後園林纔半樹
水辺籬落忽横枝
人憐紅艶多応俗
天与清香似有私
堪笑胡雛亦風味
解将声調角中吹



盛んな時節に詩作ができず恨めしい
梅花をみるたび詩情が湧き上がる
雪のあとの庭に半樹の姿をみせて
水辺の生垣に唐突に横へのびる枝ぶりだ
艶やかな紅を好む俗人達
しかし天は清らかな香を特別に与えている
胡人の子らが風流にも角笛で梅の歌を吹くのは笑止の沙汰だ

二十四番花信风 では、梅花は、椿と水仙とともに小寒の花で、正月に飾られる。林逋は梅と鶴をこよなく愛した詩人で、妻に梅、子に鶴と言い、林逋の肖像には必ず描かれている。

| - | 16:23 | trackbacks(0)
| - | 16:23 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS