<< 杉浦非水 ポストカード | main | キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
『叫び』Screamkimuart君、元気だろうか。久しぶりに(4ヶ月ぶり位?)、某SNSへログインすると、交流していた kimuart が2006年6月6日で「永久休止」のメッセージが入っていた。僕らの仲間うちには、ふ〜や眞のほかにも訪問していたのではないかと思い、ここで知らせておく。

kimuart君が、ムンクのパロディ化をIDにアップしたのはいつのことだったろう。このEdvard Munchの叫びは、2004年8月22日、略奪により所在不明となっているが、kimuart君は、666のラストディ宣言から所在不明だ。


『叫び』Scream
sickness, insanity, and death  病気、狂気、および死
日本では愛、不安、および死をテーマに書いた作品といわれている。
“この絵は狂人だけに描き得る”という、ムンクの落書きがある。


Edvard Munch The Scream modifiedおもに1890年代に制作した『叫び』、『接吻』、『ヴァンパイア The Vampire 』、『マドンナ』、『灰 Cendre』などの一連の作品を、ムンクは「フリーズ・オブ・ライフ」という。ムンクの「叫び」はご承知のように、叫んでいるのではなく、「叫び」の声から耳をふさいでいるわけだ。(kimuart君は、耳をふさいでいたのだろうか。それとも叫んでいたのだろうか。) Phot by An Excess of Phobias Erro


1895年『叫び』Scream、1892年、1893−94年『絶望』Despair、『不安』valiants は、同じ日没の赤い空に同じフィヨルドのほとりと橋に、人物像という構図で展開する。


1892年『絶望』Despair「The Modern Life of the Soul」1892年『絶望』
The Munch Museum/MOMA
birth, love, and death 誕生、愛、そして死

Despai Woodcut / Alpha's Despai Lithograph

参考サイト Munch-museet / Edvard Munch
学術的解説を検索の方はこちらのサイトが適切かと。
エドヴァルト・ムンクエドヴァルト・ムンクの経歴と作品エドヴァルド・ムンク - Wikipediaムンク 叫び・絶望・不安


1893−94年『絶望』Despair1893−94年『絶望』
Revue Blanche ラ・ルヴュ・ブランシュには、ムンクの寄稿があり、「死ぬように疲れていたので、柵にもたれ掛かった」という一文があるらしい。絶望は死ぬまで望みを絶たれたままというのが僕の哲学。その絶望を達観することが、侘びや寂びの境地になるのではないか。侘びや寂びを風趣様式に置き換えるこの頃だが、趣や渋みではないぞ。侘びは、ひっそりとした枯淡を受容し、寂びは荒れ果てて、景色さえ見るものがない状態を受容するという境地なのだ。癒すという言葉が流行だが癒されたわけではない。その境地を受け入れただけなんだ。


『不安』valiants誰にでもある不安である。芸術家が精神を病めば、研ぎ澄まされていく感性と賛美されるが、一般の人間が病めば、「イタイ奴」になるのは何故だ。(笑) ムンクの精神が不安定であればあるこそ、作品が生まれたようであるが、45歳前後で治療が必要となったといわれている。それは酷くなったからで、周囲が認識、あるいは手がつけられなくなったからだ。芸術家であれば風変わりがシンボルという決め付けがあるのではないか。いまじゃ、誰でもが狂気の沙汰ではないか。それを個性というのだから。
Angst 1896年 (Woodcut)byMOMA


Other
ReliefAnonymous
「Relief」−安堵、安心だろうか。海外サイトではパロディになっているが、1サイトでしか発見できず。見たことあるような、知っているようで知らないようなこの作品。まさかムンクじゃないでしょう。安堵で検索すると、下記サイトがヒット。
 
引用サイト:エントリータイトル叫びの真実
パロディサイト
Edvard Munch Cartoons
Edvard Munch Scream Parody Fridge Magnet


Andy Warhol Skrik 1984Andy Warhol
アンディ・ウォーホールは、ムンク作品結構ある。

叫び関係は下記リンクから。
Andy Warhol The Scream (After Munch) 1984
Andy Warhol Skrik er funnet

ムンク関連記事
THE KISS (接吻)
ムンクのマドンナ


Allen MullenAllen Mullen ASCII Picture
アスキーコードによる作品。数値で保存されたテキストで創作してあるだよな。

さて、「pessimism 厭世主義者」の「kimuart君」よ。
感情的・感傷的を癒すような「君の訪問者たち」や、あるいは君にとっても”僕ら”は異質であり、僕らにとっては君の仲間たちが異形な感性である。僕らのような異質は懸念されるでしょう。(笑) ですから、こちらに一言記させていただいた。


kimuart君は僕らの価値観や感性とは別な異質で、個性豊かであったので大変残念。「孤独プロジェクト」への専念かい?なにより身体に御自愛を。

画像引用および参考サイト
NGV
Edvard Munch
Reykjavik Art Museum
The Erro Collection / Erro Picasso, 1991
Allen Mullen's Home Page Ascii Home Page

その他の作品
art net
Edvard Munch in WEHO
Madchenakt auf rotem Tuch  
Edvard Munch
Edvard Munch: Self-Portraits
| ムンク | 20:59 | trackbacks(2)
| - | 20:59 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
昔の言葉なら、抱擁しあう男女の接吻であろう。顔も身体も背景も溶け合っている。誰も入り込めない、その隙も与えない二人だけの世界だ。 Edvard Munch 1897年 「The Kiss」(接吻) Munch Museum 一体、この男はどんな顔、表情をしているのだろうか。幸福感
| RE+nessance | 2006/07/16 8:59 PM |
ムンクが盗まれたから2年。ようやく発見されたらしいよ。オスロのムンク美術館から、「マドンナ」と「叫び」が消えたのが、2004年8月だった。 「ムンクのマドンナ」から多種多様なマドンナをみて。精子が描かれているムンクのマドンナもある。 「ムンクから−666のラ
| XAI | 2006/09/05 8:47 PM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS