<< フレデリック・クレマン 千一夜物語 | main | PREMIER CRU EN 1973 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
Big vase with Veiled Women by Pablo PicassoPablo Picasso, Spanish, 1881-1973

"「Big vase with Veiled Women」" $64,487
どうよ、オークション ギャラリー「Highlights gallery」 いいじゃん。Highlights galleryはここから→Litchfield County Auctions

ピカソの陶芸は、ピカソの長女、マヤ・ピカソから購入したという「箱根 彫刻美術館」に所蔵されている。銀製のコンポート、ガラス芸術のジュマイユ、タピスリーと多彩な作品が収集された。

陶芸は、ピカソの晩年に多くの作品を残している。彼が60代後半になったヴァロリス時代にマティスと競作した石版画や皿や壷などのピカソの作品があるが、この時代は、彫刻「羊と男」(1944)、ブロンズのアッサンブラージュ(既製品をくみあわせる手法)「牝山羊」(1950)などもある。

1963年6月14日 丸皿 (彫刻の森美術館 所蔵)
1964年の夏、ピカソはフランソワーズ・ジローと共に、ヴァロリスで行われている陶芸の展示会へ出かけた。この時に彼は、粘土を手に取り3点の人物像を作っている。翌年の夏ピカソは再びヴァロリスを訪れ、自分の作った作品が焼き上がって保存されているのを見て、非常に喜んだという。それ以来、彼は「マドゥラ」という陶房でジョルジュ・ラミエ夫妻から惜しみない援助を受け、爆発的な勢いで作品を創り出していった。主題は広範囲にわたり、女性、鳩、みみずく、顔、闘牛、牧神、植物など、ピカソの得意な題材ばかりであり、伸び伸びと楽しんで制作したのが伝わってくる。作品からは彼のユーモアが感じられ、子供に帰ったようなピカソの感性に満ちている。

1951年1月29日 丸皿 (彫刻の森美術館 所蔵)
陶芸はまず立体を作り、その上に色彩を施す。キュビズム時代より平面と立体の関係に常に関心があったピカソは、絵画的な要素と彫刻的な要素を合わせもった陶芸に次第に熱中していった。彼が魅せられたのは作品が焼き上がるまでの期待、そして焼き上がったあとの驚き、興奮であった。ピカソはヴァロリスに古く伝わる陶芸技術を経験豊かな職人たちに学び、瞬く間に習得した。さらに探究心旺盛な彼は、それらの因襲に捕らわれない新たな材質、色、形に次々と挑戦していった。粘り強い実験とピカソ独特のアイディアにより、新たなスタイルの陶芸作品が次々と生まれていった。

1956年頃 小型タイル  彫刻の森美術館 所蔵
ピカソは陶芸制作を続けていくに連れて、徐々に陶器の実用性を無視した作品を多く制作するようになる。職人の投げ出した花瓶を拾い、あっという間に可憐な鳩に変形させたり、小さな壷を少し手を加えるだけで小さな女神像に変えてしまったりした。ピカソの手にかかると、どんなものでも生命を与えられるようであった。人々は花瓶が鳩や女性に、壷がみみずくに変貌するのに驚き、感動する。そして、あらためてそれらの形の自然さに気がつくのである。

ピカソ関連記事
ピカソ青の時代-Period bleueperiodo rosa−ピカソの「パイプを持つ少年」

「子どものように描けるようになるのに50年かかった」と語るピカソ。
子どものように描けることとは、自由な発想と表現ということなのだろうか。

ピカソの晩年には、「春画」のような官能極まる作品も多い。鑑賞する側の思想や興味により、エロティックな感情を刺激する危ない絵画であるが(笑)、類比にルイス・キャロルの撮った裸の少女などは、ポルノグラフィーと観る大衆も多いかもしれない。大人の裸体は、芸術として、まだ認知されていなかったために、マネの「オリンピア」、「草の上の昼餐」で物議をかもした時代である。

ピカソの時代は、その裸体は芸術とされた時代である。しかし、晩年の「裸体」は、キャロルの写真へのポルノグラフィーと受け取られるような「妄想」と、絵画という「妙」もあるのだ。
| ピカソ | 08:23 | trackbacks(0)
| - | 08:23 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS