<< 僕たちの休暇 | main | イヴ・クラインとフレッド・クライン >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
なになに!ゴッホのある肖像画(2006年8月発覚)がフェイクだって!

なになに!ゴッホの三幅対の原則あり(2003年9月)だって!

ゴッホ 『オーグスチン・ルーランの肖像』 ボストン美術館このマダムは、オーグスチン・ルーラン。郵便配達人ルーランの夫人である。「La Berceuse」(揺りかごを揺する女・子守歌)として、壷のひまわり15本と12本が左右を彩り、三連祭壇画となる。これがゴッホの三幅対だ。

マダム・ルーランは、シカゴ美術館・メトロポリタン美術館・アムステルダム市立美術館・クレラー・ミュラー美術館に住んでいるぞ。

つまり、こういう感じにならなきゃならない。

このLa Berceuseは、メトロポリタン所蔵のもの。うえのボストン美術館のマダムと多少ちがうでしょ。ゴッホは、ボストン美術館をオリジナルとして、他の5枚をレプリカとして描いている。壷のひまわりもそう。オリジナルかどうかはよく知らないが、15本は、ナショナル・ギャラリーで、12本はノイエ・ピナコテーク美術館の所蔵の作品がある。そして、この三幅対の左のひまわりは、ゴッホ美術館所蔵で、右のひまわりはフィラデルフィア美術館。

ゴッホ 三幅対


オーグスチン・ルーランの5枚をはるかに上回る「ひまわり」は、本数や背景、ひまわりの品種をかえて、何通りも描かれているが、「タンギー爺さん」も、背景の浮世絵が異なる2枚は確認されている。エミール・ベルナールらが描いた「ゴッホの肖像画」も面白い。
| ゴッホ | 11:41 | trackbacks(11)
| - | 11:41 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
{左:two_cut_sunflowers_gogh_220.jpg}1887年 .『切られた2本のひまわり』 連作した「ひまわり」の中で、ゴッホ自身もこの作品が好きで、弟のテオに贈ったロンドンナショナルギャラリーの「ひまわり(1888年作)」より好きです。 たとえば贋作、あるいはゴッホ
| Allegory | 2006/08/17 1:46 AM |
1888年に、ゴッホが描いた「花瓶の薔薇」です。背景色のグリーンが強いパターン
| mari-note | 2006/08/17 11:08 AM |
注釈:ゴッホにおいては、自画像は鏡に映ったまま描かれることを示しています。 1889年 左耳がない左利きのゴッホ 1887年 フェルト帽子をかぶるゴッホ 1889年 パイプをふかすゴッホ 包帯を巻いている 1888年 アルルにいくゴッホ 1887年 麦わら帽子のゴ
| Magnum masse | 2006/08/17 4:01 PM |
1888年 De zaaier 「種蒔く人」 畑に種を蒔く。 力強さが伝わってきます。 おなじみなのは、こちら。 De zaaier 1888 そうそう贋作がまた発覚したそうです。 「ある男の肖像」
| 空・月・星 | 2006/08/17 10:09 PM |
ゴッホの「薔薇とてんとう虫」です。この作品がゴッホと知ったのは最近なんですが、ゴッホの薔薇の描き方に特徴があります。マネの花瓶に活けた花などと同じ構図で描いても、花弁や背景に、ゴッホ特有の描き方。 情熱という言葉がよく使われますが、憎しみ、孤独、焦燥
| Life Carrer Counseling | 2006/08/18 4:08 PM |
1888年のゴッホの「花瓶の薔薇」です。青い闇のなかに、横たわった薔薇。まるで疲労した精神のようです。 ですが、この年に描いた花瓶の薔薇には、華やかで贅沢な装いをした、ゴッホの「花瓶の薔薇」もあるのです。活き活きとして、枯れることなど知らない「若い花」
| Noblesse Oblige | 2006/08/18 6:48 PM |
Is it a fake? オーストラリアのビクトリア州立美術館が所有するゴッホの「ある男の肖像画」がフェイクらしい。
| XAI | 2006/08/18 7:00 PM |
雨の橋(広重の模倣)Vincent van Gogh 右 歌川広重「名所江戸百景・大はしあたけの夕立」 (山口県立萩美術館浦上記念館)
| 変身抄 | 2006/08/19 3:16 AM |
アーチボルト・ハート リックが描いたゴッホ。1886年。 ジョン・ピーター・ラッセル が描いたゴッホ。1886年。 こちらは、ロートレックが描いたゴッホ。1887年。 こちらは、エミール・ベルナールが描いたゴッホ。1887年。 これ
| REMOVE | 2006/08/19 10:51 PM |
1890年の「花瓶の薔薇」です。ゴッホの花瓶に活けた芍薬の絵は、←こちらをご覧く
| KAFKA | 2006/08/20 9:13 PM |
ゴッホのアイリスは、ジャーマンアイリスなのかなぁと思いながら、ゴッホの「花瓶のアイリス(1890年)」を拡大したディティールです。右上にとびだしたような部分は、BLUE MOONさんが、私のために書いてくださったような記事、「杜若に菖蒲(あやめ)、花菖蒲」から
| Life Style Concierge | 2006/08/20 9:28 PM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS