<< 国家の品格 | main | フレデリック・クレマン 千一夜物語 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
Sin、誕生日おめでとう。昨年の「四字熟語譬え」で、君に贈った「阿吽二字」を今年も贈る。(みんなもそうしているみたいだし)

今日は重陽の節句でもある。う〜む、今年もこの画題の火付け役は楓か〜。

重陽らしく菊酒の話。昨年は、菊酒に失敗。ほんの少し、散らせるだけでよいのだ。桶いっぱいに、菊の花を入れた映像をみて、やってみたら・・・。習慣は変えないほうが良い、ということで。

九月の異名「ながつき」は、酒に縁のある季節でもある。次は月見酒だ。衣被ぎを箸休めに、秋の夜長を楽しみたいものだ。残念ながら軒先がない。ベランダである。

そして一首。
九重やけふ九日の菊なれば 心のまゝに咲せてぞみる (弁内侍日記 上)

以下、重陽を詠む和歌である。

きくもみぢ折しくひ魚を取そへて けふたまふなるみきのさかづき
(年中行事歌合 内大臣)
 
祝ひおく世を長月の袖の上に ちらぬ花田の色を見るかな
(幕朝年中行事歌合 中)
 
数しらず君がよはひをのばへつゝ なたゝる宿のつゆとならなん
(伊勢集 下)

露だにもなたゝるやどの菊なれば 花のあるじやいくよなるらん
(伊勢集 下)
 
九重やけふ九日の菊なれば 心のまゝに咲せてぞみる
(弁内侍日記 上)
| フォー・シーズン | 20:04 | trackbacks(3)
| - | 20:04 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
今日は重陽の日です。 僕らのネット仲間が、どんどん記事をアップしています。実は、
| Stylish-Club | 2006/09/09 10:49 PM |
凝灰岩の中の割れ目に結晶化した方解石の模様。これが菊の花に譬えられて、「菊花石」とか「菊花紋石」とか言われています。 なんといっても今日は重陽の日で、ネット仲間の「画題」ではないが、毎年のこの時期、楓が「重陽の日」の記事をアップしている。 まずは楓か
| 何の印象もないBlog | 2006/09/09 11:13 PM |
重陽の日は9日。菊酒で祝う日でもあるのですが、もともとは菊茶からはじまった中国の
| KAFKA | 2006/09/09 11:16 PM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS