<< フェルメールはお好き? | main | ピカソとアメリカン・アート展 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
ダルモア62年ものどうでもいいけどさ、1943年製造の「ダルモア62年もの」がマーマレードに使われたらしい。

そういえば、以前も、ダルモア入りのチョコだか、なんだかなかったか? 62年じゃないけれど。いまだと1本600万前後か?

いま、ダルモアの12年って¥3,000以内だろ。ブラックアイルがポッキリってカンジで、シガーモルト¥3,000台。

で、ブラックパールが¥5,000ほど。いやいや1943年すごい。ちなみに戦争中だったよ、世界は。

それで、1圓離沺璽泪譟璽匹世。
日本語→KAFKAの「媚薬の小瓶 デュアーズ」(媚薬の小瓶ってなんだ、大瓶だろうが。)

F Duerr & Son's Fine Cut Seville Orange Marmalade contains finest Seville fruit with vintage Dalmore 62 whisky from Whyte & Mackay, valued at $60,785 (32,000) pounds per bottle, Pol Roger Cuvée Sir Winston Churchill 1996 vintage champagne and flakes of 24-carat gold leaf.

デュアーズ社について、楓の「媚薬の小瓶 デュアーズ

気になるところは、ダルモアの21年もの、30年ものかな。でもね、僕はきっとわからんだろう、62年ものを口に含んだところで、ね。
| ダルモア 62年もの | 00:24 | trackbacks(0)
| - | 00:24 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS