<< ピカソとアメリカン・アート展 | main | エッシャー by Bunkamura >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
Aubrey Beardsley Matthew Sturgis<br />
著Xaiから色バトン(Sep.30の2つめの記事)がまわってきた。たまごまごごはんさんからXaiにバトン、そして僕らにバトンを渡された。なになに、「次の6つの色に合う人を選んでバトンを回して下さい。」で、僕が黒。それでは、まず質問に答えましょう。好きな色は?→白・紺・黒の順で、嫌いな色は?→Xai同様に「黄土色」、携帯の色は何色?→黒、あなたの心の色は何色ですか?→透明でしょうか。回してくれた人の心の色は?→えぇー!なんだ!白だな。じゃぁ、バトンは続きから。

さて、黒といえばビアズリー。

アール・ヌーヴォーの寵児といわれるパリで活躍したミュシャと匹敵するのは、英国のビアズリーである。フランスのアール・ヌーヴォーと英国のアール・ヌーヴォーだが、英国ではモリスのアーツ・アンド・クラフト運動が原点なのだろうが、フランスのポスター、家具、建築、ガラスが代表的であるが、英国は装丁と挿絵の文化を、アール・ヌーヴォーで象徴したようだ。

Le_morte_darthur_1それを頂点に極めたのが、ビアズリー。彼氏の挿絵には好き嫌いがあるが、書物の装丁はなかなかいい。洗練と格がうかがえるからである。

ビアズリーは、1892年のパリで、トマス・マロリーアーサー王の死の挿絵を依頼され、「Arthur and the strange mantle」、「How twelve aged ambassadors of Rome came to King Arthur」などを描く。この「アーサー王の死」の挿絵は、モリスは猥褻だと酷評した。

Aubrey Beardsley, 「丘の麓で Under the Hill」  New York and London: John Lane the Bodley Head, 1904.  First edition.澁澤龍彦による翻訳「美神の館」は、アーサー・シモンズの招きで参加した「The Savoy」Vol.I〜Vol.兇坊悩椶気譴討い襦ビアズリーの未完に終わった丘の麓でだという。タンホイザー伝説に基づく官能小説『ヴィーナスとタンホイザー』の改訂版。ちなみにVol.靴蓮THE BALLAD OF A BARBER”(理髪師の唄)では、王や女王、美人までも手がける理髪師。そのうち13歳の王女の髪を手がけることになり、その結末はこうなった。

Three times the barber curled a lock, And thrice he straightened it again;
And twice the irons scorched her frock, And twice he stumbled in her train.
三度、髪をカールさせ 三度、髪をまた伸ばす。
二度、髪鏝(IRON)でドレスを焦がし 二度も王女の裾につまずいた。

肖像画「Beardsley」_Jaques Emile Blanche 1895そうこうしているうちに、とうとう「小さな悲鳴」をあげたとたん、王女は眠りにつく。理髪師は、笑みを浮かべながら、そっと部屋をでていく。そして・・・。

They hanged him in Meridian Street. You pray in vain for Carrousel.
メリディアン・ストリートで、彼の絞首刑。空しき祈りをカルウセルのために捧げよかし。

な〜んていうブラック・アレグロリー。やっぱビアズリーは「黒」だろ?イエローブックもあるけれど。

Aubrey ・V・Beardsley「 髪盗み」The Rape of the Lock, poem by Alexander Pope 1896その黒のビアズリーは、自作の古代ギリシアの喜劇「リューシストラテーAristophanes:Lysistrata)」、未完に終わったベン・ジョンソン(1616年に桂冠詩人)作「ヴォルポーネ」、H.T.ウォートン編訳の「サッフォー詩集」、アレグザンダー・ポープの「髪盗み」、そしてオスカー・ワイルド作「サロメ」、ゴーティエの「モーパン嬢」などがあるが、ビアズリーの「In Black and White」という本に、いくつか収められている。(amazon)

Best Works of Aubrey Beardsley (Dover Pictorial Archive Series)(Aubrey Beardsley)は、リューシストラテーの「まともなもの」が掲載されている。

参考に
Aubrey Beardsley. London A. D. Fraser Jenkins
Burlington Magazine, Vol. 141, No. 1150 (Jan., 1999), pp. 48-50

Blake to Beardsley, The Artist as Illustrator $12.50リンク先から、かなりの挿絵、ポスターなんかを見れるので、参考にどーぞ。さーて、バトンは、「赤→Art de Vivle!」、「青→Re+naissance」、「オレンジ→mari‐note」、「ピンク→Qualia」、「黒→こちらにいらしたゲストさんで、ビアズリーファンの方」、「白→こちらにいらしたゲストさん」にまわします。
| ビアズリー | 00:35 | trackbacks(1)
| - | 00:35 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
これはStPMマイセンの1920年代のもの。シノワズリ(東洋趣味)の絵付けや日本の柿右衛門の色絵磁器の写しを試みた、「マイセン インドの花」で有名な、画家ヨハン・グレゴリウス・ヘロルトの意匠かな。 XAIから色バトンで例えてもらったのが「オレンジ」。 オレ
| ComicStrip | 2006/10/09 5:46 PM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS