<< XAIから色バトン ビアズリーの黒 | main | マイセン ハインツ・ヴェルナーのリトグラフィー >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
M.C. Escher 2007 Calendar: Uncommon Groundスーパーエッシャー展が11月からはじまる。Bumkamuraなんだけど、M.C. Escher 2007 Calendar: Uncommon Ground
(M. C. Escher)のトップのリトグラフ「描く手」(1948年)など、なじみの作品のほか、エッシャー手書きの制作ノート「エッシャーノート」も公開されるという。ダ・ヴィンチみたいだな。そしてデジタルコンテンツを利用したインスタレーションなんかもある。先週だったか、Saiがハウステンボスに行ってきて、エッシャーを観る機会があったらしい。

Saiがエッシャーの「拡散反射での複雑な凹凸、球面鏡の凸面鏡・・・」とか面倒なこと(爆笑)を書いていたが、それをみたも、さっそく記事をアップして、「私、そんなのわかんない・・・理数の能力0ですよ・・・」(爆笑)とあった。どちらにしても、理工的な見方ができる知識があれば、すごい発見があったり、なるほどと頷けるだろう。でも、まったくそんなことを知らなくとも、楽しめると思う。
エッシャー関連記事
ミステリアス エッシャーエッシャー カライドサイクル
エッシャーの三つの世界エッシャー (パズル、11月10日発売のDVDなど)
Mc_escher_2007_wall_calendar
(C)出版社: Pomegranate (Cal); Wall版 (2006/7/30)ASIN: 0764934988

エッシャーの場合は、著作権が現存するために、表示が不可能である。Pomegranate 出版のカレンダーが、アマゾンにあったので公開。

Fantastic World of Mc Escher (Full)Fantastic World of Mc Escher (Full)  ←VHSでも休日に。→→→
さて、Bunkamura スーパーエッシャー展は・・・。
東京 Bunkamura ザ・ミュージアム 11/11, 2006-1/13, 2007
主な作品紹介
球面鏡のある静物 1934年/昼と夜 1938年/バルコニー 1945年
描く手 1948年/でんぐりでんぐり 1951年/滝 1961年
円の極限 検陛傾颪斑蝋)1960年/滝のための習作 1942年
Bunkamura スーパーエッシャー展トップ 階段の家 1951年

M. C. Escher ®: Order and Disorder: 2006 (Wall) Calendar (Calendar)
C)出版社: Pomegranate ; Wall edition (July 30, 2005) ISBN: 0764930966
Mc_escher_2006_wall_calendar

M.C. Escher 2006 Mini-Wall Calendar
(C)出版社: Pomegranate Mini-Wall Calendar (February 1, 2006)
この2006年は、僕の都合上、一段目が正規ではありません。ごめんなさい。正しい画像は、『ここ』から見れます。

M.C. Escher Close Encounters 12-Month 2004 Wall Calendar
(C)出版社: DC Comics; Wall edition (May 2003) ISBN: 0764922807

一応、自分のカレンダーから掲載していますが、著作権保護のため、カレンダーの出版元を明記しました。

M.C. Escher: 29 Master PrintsM.C. Escher: 29 Master Prints M. C. Escher


これさ、おすすめ。
さっきアマゾン見たらさ、画像がない。
自分のアップして、「おすすめ商品」からリンクしたら、画像あるじゃんって感じで、せっかくアップしたので、そのままに。

Escher (Icons S.)Escher (Icons S.) Julius Wiedemann著

これは、「写像球体を持つ手」が表紙のペーパーバック。わりと、エッシャーの書籍では手ごろで(価格 ¥ 1,009)、シャレてる。

芸術広場でも購入できるし、この作品集の掲載されている内容の画像が、公開されている。

M.C. Escher's Legacy: A Centennial Celebration : Collection of Articles Coming from the M.C. Escher Centennial Conference, Rome 1998M.C. Escher's Legacy: A Centennial Celebration : Collection of Articles Coming from the M.C. Escher Centennial Conference, Rome 1998

Italy) M. C. Escher Centennial Conference (1998 Rome, Michele Emmer, Doris Schattschneider, M. C. Escher


いやいや、長くなった。
こんなに鑑賞する側を楽しませてくれるエッシャーは、死に際が寂しかったようだ。熟年離婚のように妻が去り、晩年は闘病で、作品も創作することが困難だったという。

作品に、寓話的な捉え方を嫌ったというが、ジョークでも、その笑いのネタの理由をいちいち話す奴もいないし、聞く馬鹿もいない。みれば、エッシャーがどれだけ理工的なものをつくり上げたかということだけだ。その作品の理論をエッシャー自身が説明したという。「なぜならば」という定理の証明かい。

理論があることを知らないと、寓意に満ちた作品に思えるのかも知れない。人間は、なんでも理由が好きなのだな。

The Magic of M.C.Escher by J.L. Locher, W.F. Veldhuysen M. C. Escher (Taschen Basic Art) by Ulrike Becks-Malorny, Bruce Brooks Pfeiffer<br />
 M.C. Escher: Visions of Symmetry by Douglas R. Hofstadter, Doris Schattschneider<br />

芸術広場からは、ここでは紹介してないが「連続模様の不思議 タイピング&リピート」、このうえの真ん中の「M・C・エッシャー画集・作品集‐グラフィック」、そのほか「カライドサイクル」の内容も画像で見れる。先のリンク先から、関連書籍で表示されているので、ぜひご覧あれ。

World of Escher は、エッシャー 関連グッズも豊富。不思議なチェスセットなんかあったら楽しいが。

Mc Escher Mathematicians on Postage Stampsこれがネーデルランドで発行された、エッシャーの作品の切手。なんだか抱一の切手も発行だって?抱一は Stamp of Japan国際文通グリーティング切手四季花鳥図屏風(京都国立博物館/陽明文庫蔵)を参考に。エッシャーの切手で、「ESCHER, Maurits Cornelis Escher. Issued by the Netherlands in 1998」の画像はこちら→ escher1.jpg

| エッシャー | 12:06 | trackbacks(5)
| - | 12:06 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
エッシャーのスペイン南部にいたる船旅は、1930年代のこと。 まだ無名であったエッシャーの48枚の版画は、その船のチケットとなったのです。この本は、エッシャーの船旅でのログです。この旅で、ムーア人のモザイクに魅了されたエッシャー。 のちに「結晶学」を学び
| Life Style Concierge | 2006/10/17 9:08 PM |
昼と夜 よく、3Dがエッシャーの時代にあったら・・・という話がでますが、はたして
| Stylish-Club | 2006/11/12 2:56 AM |
エッシャー(エッシャーの作品はこちら→スーパーエッシャー展 Bumkamura
| KAFKA | 2006/11/12 9:46 PM |
エッシャーと美術史家でもある詩人G.J.ホーグウェルフ(A.E.ドライフハフト A.E. drifhoutのペンネーム)との詩画集「24の寓意画」がありますね。こんな感じで、ラテン語の4行詩が添えられていますよね。 エンブレマータ バタフライ 1931年  Emblemata(エンブレ
| Art de Vivre | 2006/11/30 5:41 AM |
球面鏡球面鏡(きゅうめんきょう、spherical mirror)とは、球面の一部を反射面とする鏡。球の内面を反射面とした凹面鏡と、外面を反射面とした凸面鏡とがある。球の中心を球心、鏡の中心を極、球心と極を結ぶ軸を光軸という。球面鏡の焦点距離は光軸上の極と球心の距離
| 光・光学・光学機器ETC | 2007/02/10 3:48 PM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS