<< エッシャー by Bunkamura | main | フライ・オットーの理念 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
Lithograph Heinz Werner「TEUFELEI」このところ、マイセンコレクターでもあるまいが、仲間内でマイセン記事ばかりなので、僕も大胆にマイセンを主にしたblogに変更したものがある。(笑)

マイセンで、1点ものといわれるのが「ウニカート」とよばれる工芸品(花瓶とか、オブジェなど)なんだけど、プラーク(飾り皿、陶板画)や、水彩画、リトグラフなどといったものや、復刻版、限定品などの生産量は、わずかである。だから、日本では1点しかないものがあるが、海外に行く機会や海外のコレクター、またオークションハウス(あるいはカタログ)、マイセンの内見会などで目にすることは多い人もいるだろう。Meissener Manuskripte IV (マイセナー マヌスクリプテ 4)とあらわされている一人、ハインツ・ヴェルナー。

マイセンでは Diplom-Kunstmaler(ディプロマペインター:絵画の学位のあるもの)というらしい。なんでも引退後は札幌のマイセン美術館の名誉館長だそうだ。
その彼は、アラビアンナイトだとか真夏の夜の夢なんかをモチーフにする。この画像は、彼のリトグラフだ。このリトグラフだけど真夏の夜の夢で、女王タイタニアとパックのいたずらでロバ男に変身したボトムに恋をする場面をモチーフにしたフィギュアがあるんだけど、そのタイタニアの雰囲気に似ているんだ。でもタイトルは「TEUFELEI」で、小悪魔だ。たしか1989年の作品。50枚ほどの作品だったと思う。(←こういうところをちゃんと見てないというか・・・僕がね。)

ほかに、オークションカタログに掲載されていたものは、ヴェルナーを筆頭にマイセン五大芸術家と呼ばれる面々の作品。のちのちアップします。
Wandplatte "Spanier"Prof. H. Werner
Aquarell 1001 Nacht Prof. H. Werner & Meissen Plakette
TOP Gemälde Prof. Meissen Plakette "Sacre-Coeur"
TOP Gemälde Prof. Meissen Plakette "Paris-Paris"
ちなみに、ヴェルナーの1001 Nachtは、よくオークションにでている。
Peter Strang "sitzender Frauenakt"などなど。
| マイセン | 23:57 | trackbacks(9)
| - | 23:57 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
ハインツ・ヴェルナー アラビアンナイト 2004年 札幌マイセン美術館名誉館長でもある、マイセン5大芸術家といわれた一人。この2004年の「アラビアンナイト」のプラークが、オークションに出される予定。サザビーズか、その関連オークションで。ルーディ・シュト
| Blue-Tiger-Eye | 2006/10/19 12:10 AM |
マイセンをコレクションとしている知人が多い。どこにそういう使えるお金があるのだろうと思いつつ、時々、もう長くないから(決してそんなことありません)、好きなものを1点だけ持っていきなさいという方もいらっしゃる。困ってしまうのは、小さいからといって、決し
| RE+nessance | 2006/10/19 12:10 AM |
1979年の「ヨーロッパのフローラ」によると、ユリウス・エドゥアルト・ブラウンスドルフ(1841−1922)は、印象派の絵画に強く影響を受けたものとされています。 「印象主義様式の花絵」、「ブラウンズドルフ教授の花の絵」と呼ばれているのは、これまでの絵柄による
| Noblesse Oblige | 2006/10/19 12:12 AM |
千一夜物語など、プラークにも使われている絵柄は、ティーセットにも使われていますが、ローテ・ローゼも、マイセンの図柄で、いろいろなアイテムに、向きをかえたりしながら使用されています。絵皿、ケース、フラワーベースのほか、ディナーセット一揃えの柄にもみられ
| Art de Vivre | 2006/10/19 12:18 AM |
XAIからの色バトンで「ピンク」に譬えてもらいました。ありがと!そのピンクにちなみ、このテート・ア・テートでバトン。 ローズピンクのこのうえもない可愛らしさ。 さて、色バトンの質問に答えていきますね。好きな色は?→「ローズピンク」、嫌いな色は?→「
| Life Style Concierge | 2006/10/19 12:26 AM |
これはStPMマイセンの1920年代のもの。シノワズリ(東洋趣味)の絵付けや日本の柿右衛門の色絵磁器の写しを試みた、「マイセン インドの花」で有名な、画家ヨハン・グレゴリウス・ヘロルトの意匠かな。 XAIから色バトンで例えてもらったのが「オレンジ」。 オレ
| ComicStrip | 2006/10/19 1:01 AM |
マイセンに使われているお花ってたくさんあるんですが、カウパレードといって、毎年1回、世界各国に、「牛をモチーフにした作品」をアーティストが町並みに、作品を展示しているイベント。2003年には「マイセン カウ」といって、マイセンで使用しているお花で象徴してい
| Blog Nao's Style | 2006/10/19 1:05 AM |
マイセンの5人組といわれる一人、ハインツ・ヴェルナーのレリーフプレート「ドンキホーテ」です。 白抜きの部分を残して、色を塗っていく技法があるけれど、そんな感じ。赤がほんとにポイントで右上の鳥、中央の馬具、左下の花にだけ、もちいている。そして、XAIが色
| Magnum Photos Photographer | 2006/10/19 1:24 AM |
来年の1月末で・・・ 現在の社員寮から追い出されることが決定となっている今日この...
| ブログde日記 byあくさん | 2006/10/19 7:46 AM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS