<< ノーベルバンケット ディナーウェア | main | フラテッリ・アリナーリ MNAFアリナーリ国立写真博物館 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | -
BROUNOMAGLI(ブルーノマリ)U01579ある日曜日、久しぶりに某百貨店の外商が、自宅を訪ねてきた。クリスマスに向けてのワインやら、宝飾品やら、靴などを手に提げて。ブルーノマリの靴は知っていたが、1足 6万 という価格に、最近、首をかしげてしまう。だが、この1足は気に入った。(saiも!)

父の時代から、スーツはゼニア、靴は 1世紀の歴史を誇る TANINO CRISCIタニノクリスティー を、一つは持てるようにという世代に育ったせいか、70年の歴史があり、王室やセレブご用達という(楓が教えてくれた)ブルーノマリは、ちょっと馴染みが薄かった。

時代が変わって、ゼニアもタニノクリスティーも、セールやアウトレットで、3〜7割引くらいで売られているものも見かけるようになった。

30代には、一通りのブランドを手にしたが、いまは養育費だ、交際費だ・・・で、当時のように衝動買いやおつきあいの買い物は、避けている。必要になりそうだという直感が湧いたら、いろいろ比較することを始めた。

スタイルや好みというものは、年齢の価値観によって変化する。ロレックスの時計なんかも、最近では、なぜか身につけていると「恥ずかしい」という気持ちになる。だから、ケースの中で眠っているし、ブランドに無関心なフリをしてる。なんでだろう。

目立たなく、質のよいものを身につけていれば、いまは充分のようだ。でも、来年には、ブルーノマリに挑戦してみようか。今回はごめんなさい、外商さん。(keiとtakuらのおかげで、顔がたったよ!)

な〜んて言いながら、まだまだ未練がましい僕だ。あぁ〜どうしよう。やっぱ、欲しい。

| ファッション シューズ | 18:51 | trackbacks(2)
| - | 18:51 | -
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
ゆるゆる青春(中年)4人組+keiとtakuで、堀田きいちの「君と僕。」のような僕らの日曜日。 昼過ぎに、aleiのところに、D百貨店の外商の方が、箱をいくつも抱えてやってきた。(最近、珍しいなぁ。) 舶来もんのBM(ブランド名略)の靴なんだけど、紳士靴が6万円からなんだ
| XAI | 2006/11/20 6:59 PM |
XAI 2006-11-20 ゆるゆるな日曜 kafka攻略法から引用 昼過ぎに
| Stylish-Club | 2006/11/20 8:31 PM |
PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Previous Posts
LIFE STRIPE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
覚書
HR style="COLOR: #cccccc"
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS